投稿日:2013年1月30日|カテゴリ:院長ブログ

 連日のインフルエンザウイルス感染の診療の中、緊張感のあるニュースが、、、

<SFTSウイルス>女性が感染、死亡…国内初、ダニが媒介

(毎日新聞より)

  厚生労働省は30日、ダニが媒介する新種の感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、山口県内の成人女性が死亡したと発表した。原因となるSFTSウイルスは11年に特定されたばかりで、国内で感染により患者が死亡したと確認されたのは初めて。

 厚労省によると、SFTSは09年ごろに中国で発生が報告され、致死率は12%程度と推定される。死亡した患者は、野山に生息するマダニの一種にかまれて感染したとみられる。今のところ有効な治療薬やワクチンはない。


 山口県の患者は、昨年秋に発熱や下痢などの症状が出て白血球や血小板の数が低下し、約1週間後に死亡した。国立感染症研究所(東京都)で患者の血液を調べたところ、SFTSウイルスが見つかった。患者には最近の海外渡航歴がなく、持病などもなかった。国内でダニにかまれ、感染したとみられる。厚労省は30日、類似の患者を診察した場合の情報提供を、各都道府県に要請した。


 患者から見つかったSFTSウイルスの遺伝子を調べたところ、中国で見つかったウイルスとは塩基配列がわずかに異なっていた。厚労省は元々、日本にもこのウイルスが存在していた可能性が高いとみている。


 厚労省は「この一例が見つかったために、野山に入るリスクが高くなったということではない。ダニを媒介とするウイルスは他にもあり、ダニにかまれて発熱などの症状が出た場合は、すぐに受診してほしい」と話している。





  ウイルス感染で、まれに血小板抗体が産生され、血小板減少症が起きることがありますが、大抵はステロイドを使いますが、、、ウイルス感染の増悪も懸念されるために思い切った使用は控えられます。
 劇症型の反応は、ひやりとさせられます。 インフルだろうと甘くみていると、痛い目をみることもあるという事例、、、緊張感を常に持っていないといけませんね。

 明日もまた頑張ります。(^_^)/




コメントする