投稿日:2012年4月19日|カテゴリ:院長ブログ
 花粉粉飛散、5月上旬までに終息=環境省予測

    
 
            


      (時事通信より)

 環境省は19日、全国のスギとヒノキの花粉の飛散が5月上旬までに終息するとの予測を発表した。終息時期は昨年より1~3週間早く、ほぼ例年並み。


 スギ花粉の飛散は、九州から関東南部にかけては4月中に終息し、北陸、関東北部、東北、北海道南部は5月上旬まで続くと予測。ヒノキは、九州、四国、中国は4月中に、近畿から東北にかけては5月上旬にそれぞれ終息する。


 今シーズンのこれまでの飛散量は、ほとんどの地域で前シーズンを下回っているという。 








 今季の花粉飛散量は、かなり少ないようです。


しかし、そうはいっても、今季、初めて花粉症を発症された人もおられますし、


例年よりも軽症で済まれている方もおられます。


実際、花粉の量そのものよりも、患者さん自身の感受性が落ち着いているか、活性化しているかの違いです。


初期療法をきちんと始められ、そのまま逃げ切られる方は、来年再来年につながるコントロールが出来ているという事です。


コントロールせずに、我慢し、市販薬を、ひどい時だけ服用し、収まると中断する、、、この手法は、


わざわざアレルギーを増強させている行為だと気が付かなければなりません。


花粉症とはアレルギー性の鼻炎です。 それが、一続きの粘膜である気管、気管支に広がれば、


咳を引き起こし、夜間に咳き込んで寝れないほどになる状態を、咳喘息と診断します。


そして、アレルギー性の気管支炎・肺胞炎まで末梢に到達すれば、それは喘息という病名になるのです。


たかが花粉症が、命にかかわるような、重症の呼吸器疾患に進展することも珍しいことではないことを


知っておかなければなりません。


さらに、、、


未だに、連日、インフルエンザB型が検出されていることも、ご報告しておきます。(^_^;)










244191.JPG










2 Responses to “花粉飛散、5月上旬までに終息”

  1. ポテトママ より:

    日常のコントロールの必要性は身をもって痛感したつもりでしたが、子供たちの事となると薬を飲み続けさせることは不安でいっぱいでした。ですが、先生のお話を聞き、主人共々やっと
    納得ができました。いつも解りやすく説明して頂きホントに
    ありがとうございます。
    、、、余談ですが、、うちのワンコの鼻水が最近多い気がします(笑 犬も花粉症があると聞きました、先生の3ワンコ君たちは大丈夫でしょうか??(^。^)

  2. yoshioka より:

    ポテトママさん>

      お気持ちはよく分かります。

    サプリと言われると、飲み続けなきゃとなるのですが、クスリといわれると、出来るだけ飲まないでおこうとなる、、、

    人間の先入観は、そうそう変えれるものではありません。

    よくぞ、きちんとコントロールしていただいたと、こちらが感謝しているくらいです。

    生きている限り、身体の調整はしていかなければなりません。

    それは薬だけで出来るわけでもないのですから、その一助になれればと思います。

     ワンコも、花粉症はありますが、室内犬では、あまり反応しないと思うのですが、、、

    フードもアレルギーの増強にかなり影響しますから、出来る限り、手作り食を食べさせるのがよいと思いますが、、、

    大変ですよね~(^_^;)

コメントする