投稿日:2012年3月20日|カテゴリ:院長ブログ
 
 

 いまだインフルエンザが盛り返してきているような外来診療の中、花粉症もどんどん発症してきております。

自己管理することは大変です。 が、なんとか、診療と筋トレをこなしつつ、脳トレも、、、

そして、今日は、普段、ちゃんと相手を出来ないワンコたちを、お山に連れていきました。




IMG_3472.JPG




IMG_3466.JPG




IMG_3455.JPG




3匹ともイキイキしておりました。



IMG_3447.JPG





IMG_3443.JPG







3男の縄文柴犬 龍です!






IMG_3465.JPG






IMG_3428.JPG







IMG_3424.JPG






IMG_3435.JPG





長男 ウルフドッグのガルムです。





IMG_3395.JPG






IMG_3417.JPG







IMG_3370.JPG





次男 フレンチブルドッグのブリンです!!





IMG_3421.JPG





IMG_3403.JPG






IMG_3455.JPG







IMG_3431.JPG








IMG_3430.JPG








とにかく、柴犬の龍とウルフドッグのガルムは仲が良いです。







山にいけば、やはり花粉の気配を感じます。 油断大敵! 



 
予防としての初期療法(症状が出る前から、抗アレルギー薬を開始する方法)は、有効です。


してなくて、突然発症するのと、初期療法していたが発症したのでは、症状の出方が違います。



スギのあと、引き続き、ヒノキの花粉が舞い、黄砂がさらに悪化させます。



そこへ、ハウスダストも関与していれば、季節など全く関係なくなるのです。



自己管理とは、あらゆる状況を想定した動きでなければなりませんから、何処までが想定範囲内なのかということになります。



ということは、想像力が、その明暗を分けることになります。



今後は、自己についても、他においても、想像力を働かし、一歩前を歩くつもりで毎日を過ごしてみましょう。

(^_^)/









4 Responses to “春分の日”

  1. jyoumon123 より:

    素晴らしいワン達の写真、楽しませて頂いています!

    花粉の季節ですね、黄砂も嫌ですね。

  2. yoshioka より:

    jyoumon123さん>

     コメント、ありがとうございます。

    花粉も黄砂もこれからが本番ですね!

    とはいえ、今日の外来でも、インフルエンザのA型もB型も、検出されております。

    しかも、微熱程度でというものもあり、見逃さないように注意していかなければなりません。

    本人が軽症でも、拡散させてしまうことが問題なのです。

    そこに、花粉症や黄砂が症状を複雑化させてしまうことがあり、診断を狂わせる恐れがあります。

    出来るだけ見逃さないよう、あらゆることを想定しなければなりません。

    とにかく油断出来ませんね~(^_^;)

  3. 検査数値だけは元気 より:

    ここ数日来、目の痒みに悩まされています。
    もう自分で目頭切開ができるかと思うぐらいに痒いです。
    余談はさておき…

    ガルム君を見てふと疑問に思ったのですが
    彼はやはり嬉しい時は尻尾を振るのでしょうか?
    耳を倒して喜んでいる姿は画像からわかりますが
    この大きな尻尾をパタパタするのかな?と思いまして。

    ちなみに娘はガルム君は”松潤”だそうです。
    キリッとオトコマエ~

  4. yoshioka より:

    検査数値だけは元気さん>

     か、花粉症のことは余談??(^_^;)

    ガルムは、もちろん犬科の動物ですから嬉しい時は尻尾ブンブンですよ~

    キリッとした写真をもちろんえらんでいるのであって、、、しまりのない顔がほとんどです、、、^_^;

    ときどき、でも、いい顔するんですよ~ヽ(^。^)ノ

コメントする