投稿日:2012年1月23日|カテゴリ:院長ブログ
 
 今日も、やはり、雨が降ってしまいましたが、明日は路面凍結が心配です。


ここ連日、インフルエンザが検出されない日はありません。


報道でも、インフル流行が叫ばれており、駆け込みワクチン接種も未だある状況です。




  (Care Net com.記事より)

 インフル患者報告が前週から倍増-5-9歳は約4倍に
2012/01/23(月) 

インフルエンザ定点医療機関(全国約5000か所)当たりの患者報告数が、9-15日の週は7.33人で、前週(3.76人)から倍増したことが20日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。この値を基に同センターが推計した定点以外を含む全医療機関の受診患者数は約40万人。特に、最も多い5-9歳の患者数は約8万人で、前週(約2万人)から約4倍に急増している。

推計患者数を年齢層別に見ると、5-9歳が20%を占めたほか、0-4歳も15%に上った。以下は、前週最も多かった30歳代が12.5%、10-14歳、20歳代、40歳代がそれぞれ10%などだった。

都道府県別では岐阜の23.82人が最多で、以下は愛知(22.63人)、三重(21.92人)、高知(19.52人)、福井(16.38人)などの順。全都道府県で前週を上回った=グラフ=。

警報レベルを超える保健所地域は18か所(8府県)で、前週から4か所増加。注意報レベルのみ超える地域は112か所(29道府県)で、3倍近くに増えた。

2011年12月5日―12年1月8日の5週間に検出されたインフルエンザウイルスは、A香港型が92.1%で、B型が7.3%。インフルエンザ2009の検出も0.6%あった。







 当院では、もちろんA型が多いのですが、B型も2割~3割を占めているように思います。


ほとんどが、ワクチン未接種の方ですが、中には1回接種、または2回接種の方もおられますが、


その割合はわずかです。 インフルエンザで怖いのは、インフルエンザ脳症やインフルエンザ肺炎です。

インフルエンザが疑われるにもかかわらず、インフルエンザ治療薬を処方されず、


一般の総合感冒薬や、抗生剤と解熱剤のみで経過をみることがそのリスクを上げることになります。


そのリスクに対応できる方法がワクチンなのです。 いずれは、現行のインフルエンザ治療薬も


耐性を獲得されてしまうでしょうから、、、


また、微熱程度で、消化器症状が主な場合に、安易にノロウイルス感染と診断してしまうことも危険です。

時期が時期ですから、軽症でもインフルエンザを十分に疑ってかかることが重要です。


早めの受診でこの冬を上手に乗り切りましょう。


間もなく、スギ・ヒノキ花粉症、黄砂による気道疾患がやってきます。(-_-;)



2 Responses to “連日、インフルが検出されています。”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    インフルエンザ大流行中とのこと、
    先生の御尊文からは現場の緊迫感が
    伝わってまいります。
    あわせて、インフルエンザに罹らないようにとの
    優しい御心遣いも伝わってまいります。
    身の引き締まる、それでいて心温まる、
    そんな読後感でございます。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     おはようございます。

    インフルエンザ、急に流行してきましたね!

    また、ちょっと報道も過剰な感じもありますが、

    やはり、受験などのシーズンでもありますから、ぴりぴりした雰囲気にもなりますね~

    平熱・微熱程度で、胃腸症状が主であるといったインフルも見逃さないように努めてまいります。

    (^-^)

コメントする