投稿日:2011年10月1日|カテゴリ:院長ブログ
   ( 読売新聞より)
   

  米疾病対策センター(CDC)は9月30日、リステリア菌に汚染されたメロンによる食中毒で、コロラド、テキサス、ニューメキシコなど全米19州で死者15人、患者84人が発生したと発表した。

リステリア菌は水や土の中に広く存在し、肉や乳製品などが原因となることが多い。今回は、初めてメロンが感染源となったほか、規模が大きいのが特徴だ。

 メロンを出荷したコロラド州の農場は同14日に自主回収を始めている。しかし、潜伏期間が1~3週間と長く、まだ患者が増える可能性がある。

 健康な人では感染しても発病しないことも多いが、免疫の弱ったお年寄りや妊婦などでは重症化し、髄膜炎などを起こすことがある。

 






 リステリア菌は、正常な免疫力があればあまり問題になることはありませんが、重症化すると致死率も高いことがあり、髄膜炎の原因菌ともなることで有名です。

 最近は、ストレスなどから免疫力も低下し、ストレスが原因で胃潰瘍などになり、胃酸を抑制する制酸剤を服用しなければならない方も多く、こういった経腸由来に感染してしまうことも多いと考えられます。 

 やはり、普段から免疫力はコントロールされるべきで、すなわち、それは自律神経のコントロールが重要と考えます。 

 それには、脳をストレスから守るために、睡眠の質が重要になってきます。 そうなると、飲酒や喫煙というような嗜好に加え、規則正しい生活リズムといった基本的なことに目を背けては、当然、悪化するばかりなのです。

これから、気温は下がり、空気は乾燥し、過ごしやすい秋の季節はあっという間で、寒い冬がすぐにやってくるのです。

 予防できるものは、予防しておく、、、ワクチンはそのための有効な手段です。

インフルエンザワクチンは、10月11日より開始します。

 
 

 1回から2回、計画的に接種していただきたいと思います。(^_^)





2 Responses to “リステリア菌でメロン食中毒、米で死者15人”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    ‘予防接種の季節’始まるですね。
    ワクチンは既に入荷済みとのこと。
    先生のご心配とは裏腹に坊っちゃんの腹は、
    「裏六甲でもまだ紅葉してへんのに、
     予防接種は早いがな、、、」
    という程度でございます。
    こんなことだからダメなのでしょうか。

  2. yoshioka より:

    坊ちゃんさん>

     慌てることはございません!(^_^)/

    いろんな意味で、備えあれば憂いなし。

    しかし、身体あっての仕事であり、生活なのだという考えが重要です!

コメントする