投稿日:2011年9月19日|カテゴリ:院長ブログ
 
 今年の5月くらいまでインフルエンザが長く検出され、震災の影響もあり、また熱中症の話題など、健康を脅かす要因が持続する中、また今季もインフルエンザワクチンの接種時期がやってきました。

 国内のインフルエンザワクチンは毎年、WHOの推奨に基づいて推奨株が決定され、厚生労働省の指導の下、化学及血清療法研究所、北里第一三共ワクチン、阪大微生物病研究会、デンカ生研の4社によって製造されています。

その中で、北里第一三共ワクチンが、震災の影響や生産ラインでの不具合から、今期の安定供給がままならないという情報があります。

 2011/12シーズンは昨シーズンと同じ推奨株に基づいてワクチンが製造されるが、小児に関しては今シーズンから接種量が増量されます。小児の用量は従来、4社一律で6 歳~13 歳未満では0.3mLを2回、1 歳~6歳未満では0.2mLを2回、1 歳未満では0.1mL を2 回接種することになっていました。しかし、この接種量は、WHOで提唱されている接種量よりも少なく、日本小児科学会、日本産婦人科学会が増量の要望を厚生労働省に提出していました。

 こうした動きを受け、4社は今シーズンのワクチンについて小児の増量のための治験を実施し、その結果に基づいて、増量のための一部変更申請が認められ、今シーズンから、化学及血清療法研究所、阪大微生物病研究会、デンカ生研のワクチンについては、6 カ月~3 歳未満では0.25mLを2回、3 歳~13 歳未満では0.5mLを2回接種することになりました。

 また、今シーズンのワクチンは増量したにもかかわらず、1回のみの接種では有効率は低く、従来からの2回接種が推奨されています。

 基礎疾患を有するなど宿主側の要因で抗体価が上がりにくい場合もありますが、成人に関しても2回接種などは検討すべきであると考えます。

また、ワクチン接種したにもかかわらず、例年罹患してしまうという方は、補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯などの免疫力を上げると言われている漢方薬を併用することも一つの予防策です。

 
 

 とにかく、あの手この手で乗り切りませんと、 仕事を休めない方、勉強しなければならないから、諸事情で薬が飲めない方など、日常生活に非常に影響を及ぼすのがインフルエンザです。


 それでなくても、震災、事故、台風など、身に降りかかる火の粉は後を絶ちませんから、備えあれば憂いなしです。





 ワクチンの供給状況を見て、10月中旬から接種開始します。(^_^)/







IMG_2364.JPG


5 Responses to “10月からインフルエンザワクチン接種が始まります。”

  1. タッチ より:

    「備えあれば憂いなし」

    先日、旅先で食中毒らしき?ことに巻きこまれてしまいました。

    いつものように寿司三昧(といっても回転寿司ですが・・・)

    帰阪前の夜、胃部の違和感から嘔吐、下痢と、それは噴水のごとく。
    死ぬかと思うほど・・・、急患で搬送!

    保健所も調査してくれましたが、特定出来ず?
    インフルエンザでも胃腸炎を起こすようですが、原因や如何に・・・。

    食中毒予防のワクチンでもあれば安心出来ますが、どう備えれば?

    大阪がどれだけ遠かったことか・・・
    手足が痙攣するくらい極限状態の中、生きて我が家へ辿り着いたときには、ぐったり。

    予防出来るものはすべきですね、
    今年もインフルエンザワクチンは必須だと感じた連休でした(笑)

  2. yoshioka より:

    タッチさん>

     おはようござます。
    災難でしたね!(゜_゜>)
    同じものを食した人は、大丈夫だったのでしょうか?
    食中毒であると断定は出来ませんが、対症療法としてはとにかく脱水に注意することです。
    ウイルス性のものであれば、普段からの免疫力を落とさないように日常をコントロールすることが重要です。 ストレスに対抗する、受け流す、、、そのコントロールが、免疫力も調整します。

     脳をリセットすること、そこが原点ですね~

  3. タッチ より:

    「断食の効果、これ如何に」

    まさにその脱水症状が心配だったのです。
    でも飲めば下から噴水が・・・

    電車で1時間、飛行機で2時間、電車で2時間、その間一口も飲水せず、目を閉じて静かに呼吸をしながら我が家をイメージする・・・

    手足は痺れ震え、意識は朦朧。
    もしかしたらヤバい状態に近づいていたのかもしれませんね、今だから笑えますが。

    ただ、翌朝なぜかスッキリと快調、不思議な感覚でした。
    身体は極限状態を超えると、何かが宿るのでしょうか?

    これが断食の感覚?

  4. yoshika より:

    タッチさん>

     症状から考えると、下痢性過敏性腸症候群に過換気症候群の合併を疑いますね。 最後の復活の仕方からしても、食中毒ではないと確信しますね~(^_^;)

  5. タッチ より:

    なるほど~

    不思議な復活劇、あんなに苦しかったことを思えば・・・。

    人の身体は神秘!

コメントする