投稿日:2011年9月16日|カテゴリ:院長ブログ
 (メディカル トリビューン記事より)

CDC発表,喫煙率低下から5年後には成果

 米疾病対策センター(CDC)は本日(9月16日)発表の週刊疫学情報(MMWR)で,1999~2008年の10年間の米国の肺がん新規罹患率が男性では全国的に低下,女性では2006年までは上昇していたものの,2006~08年の3年間を見ると着実に低下していたことを明らかにした。罹患率低下の成果は,喫煙率低下の5年後には始まっていた。

州のたばこ政策が左右

 同リポートでは,6つの州とコロンビア自治区を除く各州の新規肺がん罹患率を分析。1999~2008年に,男性では44州中35州で罹患率が減少。女性での低下は6州(カリフォルニア,フロリダ,ネバダ,オレゴン,テキサス,ワシントン)にとどまったが,2006~08年を見ると全国的に低下していた。

 年齢調整後罹患率の分散逆数重み付けによるPearson相関分析によると,肺炎の減少は男女ともに喫煙率低下の5年後には始まっていたことが分かった。

 なお,男女ともに,肺がん罹患率が低い州は,喫煙率が低く,過去の喫煙者に占める禁煙者の割合も多い西部に集中。女性の肺がん罹患率と喫煙率が高い州の多くが南部の州だった。

 同レポートは,州のたばこ対策への投資が大きく,それが長期的であるほど,喫煙率の低下が大きく,たばこ関連疾患にかかる医療費が削減されていると指摘。高いたばこ価格,強力なメディアキャンペーン,完全無煙政策,禁煙治療へのアクセスの良さなどが成果を挙げているとしている。









 禁煙の効果は、金銭的にも、健康被害的にも、早く始めるほど効果が高いと言えます。
国民の税金を使って、保険でも禁煙治療が認められているのは、本人だけでなく、非喫煙者にも健康被害が少なからず及ぶからです。 賛否両論あるでしょうが、製造禁止は現実的ではないでしょうから、価格上昇が禁煙のきっかけになることは、去年の10月で証明済みです。
やはり1000円にまであがれば、その効果は著明でしょう。

 原発、放射能の問題もある中、身近な健康被害物質をまずは排除してもらいたいものです。

禁煙は、早い者勝ちですよ~ヽ(^。^)ノ







 110915_221756.jpg
 
 

2 Responses to “米で肺がん減少着々,禁煙政策実る”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    禁煙については先生の御意見に賛同する旨を
    坊っちゃんはかねてより申し上げてます。
    ∴本件についてはここまで。
    坊っちゃんが今日、気にしているのは、
    先生に足を踏まれたわんこ殿です。
    その後いかがお過ごしでしょうか?
    大事に至らぬ事を祈るとともに
    お見舞い申し上げますとお伝えくださいませ。

  2. yoshioka より:

    坊ちゃんさん>

     (+o+) グサッと、痛いところをついてきましたね~

     ワンコはと申しますと、、、骨には異常なかったんですが、右後ろ脚の人ざし指にあたる指の末節骨が亜脱臼し、やや変な方向に向いており、爪が半分抜け気味で、やや化膿しかけでおりましたので、、、荒療治、麻酔も無しにぐいっと骨を元に戻し、爪は抜くにはまだがっちり付いていましたので、抗生剤で経過観察といったところです。(T_T)

    しばらくは散歩も厳しいでしょうね~(-_-;)

コメントする