投稿日:2011年9月6日|カテゴリ:院長ブログ
  (読売新聞より)

 小宮山厚生労働相は5日の記者会見で、2012年度税制改正に向けて、たばこ税の増税を財務省に要望する考えを明らかにした。



 たばこは1箱(20本入り)あたり約400円だが、小宮山氏は「(1箱あたり)700円くらいまでは(値上げで販売量が減っても1本あたり税収が増えるため全体の)税収が減らない」と強調し、大幅な引き上げに意欲を見せた。



 増税の理由として、小宮山氏は、先進国の中で日本のたばこの値段が安いことや、喫煙率を下げて国民の健康を守る効果があることを挙げた。



 小宮山氏は「昨年は(毎年)100円ずつ値上げしようと提案した。一定額を上げていくということだ」と語り、3年程度かけて段階的に引き上げたい考えを示した。



 たばこ税は10年度税制改正で、過去最大となる1本あたり3・5円の増税が行われ、1箱が100円以上値上がりした。厚労省は11年度税制改正でも増税を要望したが、「10年度の増税の影響を見極める必要がある」として見送られている。












 禁煙出来ない人の多くは、「1箱1000円になったらやめるわ~」っと、よく聞かされました。

1000円まではいかなくても、700円まであがれば、確実に禁煙を決意する方は増えるでしょう。

禁煙者が増えれば、税収は減るでしょうが、、、本当に健康のためというのなら、断行していただきたい。

未だに、買いだめのストックで、喫煙し続けられている方も多いですが、期限切れでも平気なようです。(~_~;)









 それはそうと、昨夜から、心地よい涼しさになっております。



 今朝なんかも、散歩しやすい、気持ちの良い朝でした。









 東の空は、雲の形が面白かった、、、











 しかし、おそらくは、日中はまた残暑厳しい外気になることでしょう。




寒暖の差に体調を崩されないよう、ご注意ください。(^-^)




2 Responses to “たばこ毎年100円ずつ値上げ…厚労相意欲”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    厚労省大臣のタバコ増税発言、
    早くもトーンダウンやそうです。
    各界の権力者から袋叩きにあうたとか。
    彼等は“『日記』”を読んでないのでしょうか?
    まったくけしからん話です。
    “『日記』”を厚労省へ推薦したいぐらいです。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     おはようございます。

    正論を胸を張って言えなくなったら、その政治家も権力の下敷きです。

    ただ、したたかに、言える時期を待って、ころ合いを見て一気に攻めるなら見込みはあるんでしょうが、

    先走るものは、まず叩かれる、、、跳ね返す圧倒的な精神力とオーラを持った若い政治家が維新を起こしてくれたら、、、

    そういう人、どこかに居ませんかね~(~_~;)

コメントする