投稿日:2011年7月1日|カテゴリ:院長ブログ
 (メディカルトリビューン記事より)

 子宮頸がんの発症にかかわるとされるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンとして,国内では,2価の「サーバリックス」(販売元:グラクソ・スミスクライン)が先行販売されているが,本日(7月1日)新たにHPVの4つの型に対応する「ガーダシル」(販売元:MSD)が承認された。子宮頸がんだけでなく,外陰上皮内腫瘍,腟上皮内腫瘍,尖圭コンジローマなどを幅広く予防することが可能になる。

世界123の国と地域で使用

 ガーダシルは2006年,世界初のHPVワクチンとして米国,メキシコ,オーストラリアなどで承認され,今年(2011年)6月現在,123の国と地域で承認されている。子宮頸がんの発症原因の6割以上を占めるとされるHPV16,18型のほか,尖圭コンジローマの発症原因の約9割を占める6,11型の感染を予防する。

 海外臨床試験では,16,18型関連の子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)2/3または子宮頸部上皮内腺がん(AIS)を96.9%,6,11,16,18型に起因する外陰上皮内腫瘍,腟上皮内腫瘍,尖圭コンジローマを100%予防する結果が得られている。









 先行の子宮頚癌ワクチン「サーバリックス」は当院でも接種経験があり、各自治体では、公的な補助もどんどんしていく傾向がある中、当然、今回のガーダシルもその対象になるでしょう。 

 当院でも要望があれば、価格を設定しなければなりません。

 高価な薬剤であり、しばらくは任意接種のままでしょう。が、婦人科疾患の多くを予防できるのであれば、大いに期待するところです。

2 Responses to “4価HPVワクチン,ガーダシルを承認 尖圭コンジローマも予防”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    難解なお話と思いきや、
    現代話し言葉調解説に助けられ読破できました。
    先生の御人柄が感じられる内容かと存じます。
    2価や4価という語は既述と記憶しますが
    同じワクチンの御説明でしたでしょうか。
    (申し訳ありませんが詳細までは覚えていません)
    とにかく有意義・有効な側面が多いということは
    理解できます。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     2価、4価というのは、単純にウイルスの型が、2種類、4種類と考えて下さい。 多い程、対応幅が増えたわけです。

     インフルエンザワクチンが、既存の季節性2種類に新型と呼ばれる型が加わって、3価ワクチンであったことは、記憶に新しいかと存じます。(^O^)/

コメントする