投稿日:2011年5月25日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)




ほぼ完全な形で出土したノコギリクワガタ(24日、奈良県立橿原考古学研究所で)


 奈良県御所市の秋津遺跡で、縄文時代晩期(約2800~2500年前)のノコギリクワガタが、初めてほぼ完全な形で出土した。



 体長6・3センチの大きめの雄で、昆虫は死後、関節が外れてバラバラになってしまうことが多いが、泥に密閉されて外気に触れなかったため残ったらしい。この時代の生き物が生きていた時の姿のまま見つかるのは極めて珍しいという。



 橿原市昆虫館(奈良県)の中谷康弘館長補佐は「今にも動き出しそうな姿に驚いた。豊かな生態系があった縄文時代の里山が復元できる」と話している。









 縄文時代から完成され、進化もなく、現在と同じ姿とは、、、究極の形状なのかもしれませんね~、、、

 ロマンですね~~~ニコニコ





コメントする