投稿日:2011年5月7日|カテゴリ:院長ブログ
(時事通信 5月7日(土)より)

 気象庁は7日、フィリピン東の海上で台風1号が発生したと発表した。時速約20キロで西北西に進んでおり、中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の東側220キロ以内と西側150キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。







 台風情報、1号の発生を見損なうと、なぜだか損をしたような気になってしまう当方です。たらーっ









 

コメントする