投稿日:2011年3月13日|カテゴリ:院長ブログ
 発生から3日間がたちました。 凄まじい被害が出ているのはここ連日の報道でお分かりのことでしょう。





 11日の地震発生時は、午後診の直前でしたので、状況が分かってきたのは、夜になってからでした。
 阪神大震災のときには、壊れたものと、無傷なものとの混在でしたが、、、
 全てが根こそぎ持っていかれているという津波の恐ろしさを見せ付けられました。     言葉もありません。

スタッフの家族に、宮城県の方がいるのですが、やっと連絡がついて、無事が確認が出来たとのこと。 しかし、やはり家屋の中はめちゃくちゃだそうです。 
 まだ、倒壊した家屋、海水と泥が混じった瓦礫の中で、助けをまっている人もいるはずですが、、、どこから手をつけていいのか、中に入っていけないジレンマは、現地で目の当たりにしている人は当然感じていることでしょう。 時間がたてば、たとえ気温が低いとはいえ、腐敗などが進み、衛生上もかなり悪化してくることでしょう。
 モノを送ろうにも届くのか、、、

こちらで、出来ること、、、節電、節水、、、

民主党も自民党もない、、、国民が団結して、この国災を乗り切らなければ、、、ノーノー

コメントする