投稿日:2011年2月17日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

 じんましんなどアレルギー反応は、体内時計に制御されていることを、山梨大医学部の中尾篤人教授(免疫学)の研究チームがマウスの実験で明らかにした。



 アレルギー性疾患の新たな予防や治療法の開発につながる可能性があるという。米国の学会誌に近く掲載される。



 中尾教授は、鼻炎やぜんそくの症状が朝方に悪化することが多いなど、アレルギー反応が特定の時間帯に起きやすいことに着目し、睡眠や血圧など一日のリズムを制御する体内時計がアレルギー反応と関係しているとの仮説を立てた。実験では、体内時計で中心的な役割を果たす遺伝子を変異させてマウスの体内時計を乱した。その結果、特定の時間帯だけでなく、一日中アレルギー反応を示すようになったという。











体内時計というのは、自律神経の反射でコントロールされていますから、、、
睡眠や血圧のリズムも自律神経がコントロールしているんです。
睡眠の質が悪くなれば、自ずと自律神経は崩れ、毛細血管レベルで急激な反射がおき、アレルギー反応の増悪を引き起こすのです。
やはり、ストレスがアレルギーの増悪を引き起こすことは間違いなく要因となりえるということです。ノーノー

2 Responses to “アレルギー反応、体内時計が制御…山梨大”

  1. せおいなげ より:

    ふむふむ~

    そういえば、私の蕁麻疹も、毎日夕方5時に発症してました。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     修行の成果のバロメーターになるかもしれませんね~

コメントする