投稿日:2011年2月6日|カテゴリ:院長ブログ
 ここ数日、霞みがかかったような天気に不快感を感じる方も多いかとおもいますが、これは、スモッグ、黄砂、花粉の混合です。

アレルゲンのスペシャルブレンドです。 ですから、いわゆる花粉症症状が既に出ている方が、週明けは激増しているでしょうね~

そんな天気の中、今日も時間を作って、お山に!

























自由な走りを満喫したあとは、いろんな犬種と遊んでみたり、、、







 短時間でしたが、満喫出来たようです。










 オヤスミ~ニコニコ

8 Responses to “スモッグ”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    ソファはガル様用でしょうか。
    拙者の布団より上等です。
    廃棄の際には譲ってください。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     今朝のそらはさらにくもっておりますが、天気予報としては、晴れなんですよね~

     ソファーは、ガルムがまだ小さい頃に、噛んでしまい、多数破れております。(~_~;)

  3. わんまま より:

    この頃
    曇ってるのか何なのか
    変なお空の色だと思ったら
    スペシャルブレンドだったんですね~(^^;

    ガルム君の爆睡気持ちよさそ~(^^
    気持ちよさそうに寝てるの見てると
    ついつい邪魔したくなるのよね~。。。
    あたしだけかな~??

  4. yoshioka より:

    わんままさん>

     こんばんわ。

    ついつい邪魔したくなるのは、、、当方も同じです~

    で、逃げられては、また邪魔をしに行き、、、を繰り返して遊んでます(~_~)v

  5. せおいなげ より:

    相変わらず癒されてますね~

    アニパの常連さんですね。

    土曜日の午前診に受診しなかったことが判断ミスでした。

    その夜から高熱がでました。

    休日診療所に朝イチで受診したところA型の診断で、新型でしょうとの事でした。

    ここまでは予想通りでしたが、では、薬を処方しましょうと言う事で、タミフルとカロナール、マオウトウの処方でした。

    まず、耐性が確認されているタミフルがだされたこと、このとき体温40度以上であったが、カロナールは基本使用しないよう説明されたことについて、先生の見解をお聞かせください。

    ちなみにカロナールは速攻のみました。(笑)

  6. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     確かに、現在のところ新型が優勢のようですが、、、それにしても、ワクチンを打っていながら、40度まで反応したとは、、、せおいなげさんの免役反応の強さに感心させられますね! さすがに40度は上がりすぎですから、、、ウイルスに対抗するなら、37~38度の熱で充分ですから、カロナールの速やかな治療は良いのではないでしょうか。
     休日診療所でタミフルと麻黄湯を両方処方されたことは、上出来ではないでしょうか? ちなみに耐性が確認されているのは、ほとんどがAソ連型、、、今期の流行は新型か香港型、、、まあ、ワクチンも接種されていますから、重症化はないかと思いますし、、、当院では、イナビルかラピアクタを使用しているでしょうが、、、検査で、非常に速やかな検出の場合は、注射薬のラピアクタを使用、時間一杯かかっての陽性のときは吸入薬のイナビルを使用しています。

    注射薬の方が、やや切れがいい感じがしますね~

  7. せおいなげ より:

    いやいや、さすがにまいりました。

    まぁ、また、免疫力がUPしたというわけですね。

    なるほど、新型は、まだタミフル耐性ではないのですね。

    疑問だったのは、そのお医者様がどうもカロナールの処方を悩んでおり、本当にどうしようも無い時にだけのんでと念をおされたことでした。

    嫁様も、よしおか先生と同じだし方だね~なんて言ってましたが、この熱なら、先生ならたぶんのんでいいって言うと思うよと言ってました。

    という訳で、すぐにのんで、月曜日の夕方には37度代前半になりました。

    そのお医者様、診察前の検温値聞こえなかったのかな。

    だけど、診断するまえ、扁桃も見せてって喉もみてました。

  8. yoshioka より:

    せおいなげさん>
     
     非の打ち所がありませんね~

    当方なら、セレスターナで、過剰反応を抑えて、熱を上がりきってしまうのを抑制しますから、カロナールも処方しないところです。

コメントする