投稿日:2011年2月4日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 国立感染症研究所は4日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(1月24~30日)の1医療機関当たりの新規患者数が31・88人となり、警報レベルの30人を超えたと発表した。





 全国の推定患者数は、約176万人。流行のピークに差しかかっていると見られ、厚生労働省は手洗いやせきが出る場合のマスク着用などを呼びかけている。



 感染研によると、過去3週間で検出されたウイルスは、新型インフルエンザが8割以上。昨年10~11月は、季節性のA香港型が半数以上を占めていたが、12月以降は流行の中心が新型に移った。



 新型の感染者は昨シーズンと同様、子供たちが多いが、今季は特に、昨季は少なかった20代~30代の若者の感染が目立つ。年代別では0~4歳が13・1%、5~9歳19・9%、10~14歳13・1%、15~19歳7・4%、20歳代13・6%、30歳代は13・1%。小児から青壮年層まで幅広い世代に広がっている。










 都道府県別では、1カ所当たりの患者数は宮崎(60.88人)、長崎(56.61人)、福岡(47.17人)、佐賀(46.64人)の順で、九州での流行が目立っているとのこと。
 狭い日本の中で、県別に分けることに意味があるかは分かりませんが、急激に増えていることは、日々の診察で実感しています。
 当クリニックでも、軽症例でも積極的に検査し、対処していきたいと考えています。ノーノー

2 Responses to “インフルエンザ、流行ピーク…新型が8割以上”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    いよいよピーク入りの様ですね。
    西宮・神戸の状況はどんなものんでしょう?
    神戸新聞でも取り立てての記事がありません。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     こんにちわ

    西宮も非常に流行っていると言えるでしょう。

    インフルエンザの陽性が出ない日がここ1週間ありませんから、、、

    ワクチンの1回うちは、重症化を防ぐためのもので、感染阻止ではありません。 やはり2回打っている方との差は歴然です。 2回打っているからと言って、感染阻止出来るというモノでもありません。1回射ちよりは軽症ですむというものです。 新しいウイルスに対する抵抗力をある程度もつためにも、取り入れれるものは取り入れたほうがいい、、、

    そう、お考えください。

コメントする