投稿日:2011年2月3日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)


 厚生労働省は2日、インフルエンザが原因で、先月23~29日の1週間に休校や学級閉鎖などを実施した保育所や幼稚園、小中高校が計4461校となり、前週の約1・7倍に増加したと発表した。



 小学校が最多の2978校を占めた。冬休み明け後、インフルエンザの流行が子どもの間で大きく広がっている。



 全体の内訳は、休校142校、学年閉鎖1149校、学級閉鎖3170校。都道府県別では、東京が355校で最も多く、次いで埼玉327校、神奈川216校と、首都圏で目立っている。



 同省は「しばらくは流行が続く。手洗い、せきエチケットなどの対策を続けてほしい」と呼びかけている。









本日の診療でも、インフルエンザ陽性者多数おられました。
微熱だろうが、軽症だろうが関係なく、検査をして陽性であれば、間違いなくインフルエンザです。 厄介なのは、検査が陰性に出てしまう場合です。
家族がインフルエンザで、会社にもインフルエンザの同僚が居て、症状も明らかなのに、検査をしてみたら陰性、、、そういう方にインフルエンザ治療を実施しなかった場合、確実に感染拡大の元になりますから、ご理解いただいて、治療に踏み切ります。 普通の風邪でも、インフルエンザでも、自分の免疫力で治す、、、勿論、本人はそれでいいのですが、そういう方が、元気に出歩かれることが、問題なのです。
 マスクでウイルスを撃退できるか、、、それはノーです。 ですが、エチケットとしての心がけ、そういうことが感染拡大を抑制するきっかけにはなるでしょう。 皆さま、早めの受診、早めの治療でお願いします。

 インフルエンザワクチン接種は、2月中旬で終了しますので、ご理解下さい。

2 Responses to “インフルで休校・学級閉鎖など、前週の1・7倍”

  1. せおいなげ より:

    私どもも、明日から自宅待機にしました。

    娘も休ませることにしました。

    それがベストだと思いました。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     さすがは、公の思想、、、頭が下がります。

    軽症で済んでいるということは、ワクチンの効果、、、

    重症感がある方の殆どが、ワクチン未接種です。

    当方などは3回接種しておりますからね~

    お大事に!

コメントする