投稿日:2010年12月13日|カテゴリ:院長ブログ
 ある日のお山で、当方は初めて見る犬種に会いました。



そんなことは知ってか知らずか、当家のウルフは、









 そわそわしていると、、、、



出くわしてしまいました。









 体格的にはほぼ同格、背中の毛が逆に立っていることから、リッジバックという名の犬。








 南アフリカ原産で、ライオンやゾウを狩る時の、猟犬だったそうですが、

確かに、猟犬の面構えでした。



 もう4歳ということで、やや落ち着いた感があり、余り遊んでくれなかったのですが、



 そこへ、ウルフの雷牙くんが来てくれたので、









 充分な運動をすることが出来ました。











 あと、一緒に遊べはしなかったのですが、お山にもウルフがいたんです。


今回は怪我をしていたので、、、








いつか、一緒に遊べたらな~











 



 しっかし、この所、底冷えがキツイですね~



皆さま、風邪にはご注意を。



 健康で過ごせば、モノはおいしい、良い季節なのですから。モグモグ

コメントする