投稿日:2010年11月30日|カテゴリ:院長ブログ
 (毎日新聞より)

 島根県は29日、安来市の養鶏農家(2万羽飼育)で、高病原性鳥インフルエンザの疑いが強い事例が発生したことを明らかにした。ウイルスはH5型の可能性が高いという。茨城県つくば市の動物衛生研究所に検体を搬送してウイルス検査し、確定する見込み。



 県によると、この養鶏農家で29日朝、5羽の鶏がかたまって死んでいるのを農場主が発見、不安に思い通報したという。県の簡易検査で鳥インフル陽性であることを確認した。遺伝子検査(PCR検査)でも高病原性鳥インフルエンザの疑いが強いと判断された。



 動物衛生研究所のウイルス検査で発生が確認されれば、この農場の鶏は殺処分されるほか、半径10キロ以内の鶏が移動制限される可能性があり、同エリア内には数軒の養鶏農家があるという。



       ◇



 これを受け農林水産省は29日夜、鹿野道彦農相を本部長とする防疫対策本部を設置した。









 北朝鮮の行動も、油断出来ませんが、、、鳥インフルも、充分な脅威です。

目に見えない恐怖が、すぐ目の前にやってきているのです。

公費のワクチンを期待するまでに、感染してしまえば、待った無しです。

いかに勝ち残る側の人間になるか、、、それは、免疫力の強さによるのです。

普段から、地道に鍛えられていなければなりません。毎年、流行を想定して変わる、ワクチンの接種も重要な方法のひとつです。

未だに1回もインフルワクチンを接種出来ていない方は、お急ぎ下さいね~たらーっ


コメントする