投稿日:2010年10月29日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)


 強い台風14号は29日、日本の南海上を北東に進み、30日には紀伊半島から東日本の太平洋沿岸にかなり接近し、上陸する恐れがある。気象庁は暴風、高波、大雨への警戒を呼びかけている。


台風14号の進路予想

 気象庁によると、29日午後8時現在、四国沖を時速25キロで東北東に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から半径130キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。

 
 今後、速度を上げながら北東に進み、30日午前に紀伊半島に近づき、同日中に東海、関東地方に最も接近するとみられる。同日に予想される最大風速は関東、東海、近畿南部で25メートル、四国で20メートル。


 また、台風の雨雲と日本の南海上にある前線が北上し活発化する影響で30日は、西日本や東日本で1時間に50~70ミリの非常に激しい雨が降る見込み。30日午後6時までの24時間の予想雨量は多いところで▽東海250ミリ▽近畿南部、関東甲信200ミリ▽四国太平洋側110ミリ▽東北80ミリ。









 今日はつかの間の晴れでした。 明日はまた雨模様、しかも台風です。
気圧の変化が、呼吸器疾患の方には影響します。 ここ最近は、咳喘息の患者様が、大変増えているように感じます。風邪から咳喘息に移行するパターンや、秋の花粉症からの変化するパターンがほとんどです。







 彼は、寒さには強いですよ~、、、何せ、アラスカオオカミの血筋ですから~ラッキー

コメントする