投稿日:2010年10月13日|カテゴリ:院長ブログ
 10月からのたばこ税増税に伴う全国的な禁煙意識の高まりにより、

当院でもやはり、禁煙外来は増加、ファイザー株式会社の読みもむなしく、

供給が追い付かない事態となり、既に治療開始している患者さまの治療継続

を優先させるため、新たな禁煙治療希望の方の開始を延期とせざるを得ない

事になりました。

併せて、ファイザーでは、例の舘ひろしさんのコマーシャル、疾患啓発広告

を、当分の間自粛するそうです。


 ドイツに発注をかけ、製品が到着、販売ラインに入るのに、遅くとも、

来年1月から、新期の患者さまの治療が開始できる見込みです。


 これから禁煙を開始しようと意気込んでいた方には、水を差すような形に

なり、大変申し訳なく思います。ポロリ




ファイザー株式会社 チャンピックスダイヤル 0120-933-917

5 Responses to “禁煙治療薬チャンピックス錠の欠品のお知らせ”

  1. せおいなげ より:

    当方の職場でも、禁煙が盛んです。

    チャンピックス・・・・

    ある意味おそろしい薬です。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     ある意味、おそろしい?

    その心は?

  3. せおいなげ より:

    どんなに努力してもやめられないタバコを一瞬にして無力化してしまうとは、どういう理論なんだかっていう部分で。

    成分が気になります。

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     ニコチン受容体に、ニコチンの代わりにこのチャンピックスがくっついて、ニコチンが入ってきてもブロックしてくれす。 そして、チャンピックスが、くっついたことで、少量のドーパミン(神経伝達物質)が出てくれますから、スッキリ感も得られる、すなわちイライラしなくなる、、、そうなると、タバコを吸ったタイミングでのスッキリ感が得られないばかりか、単純に煙を吸うという不快感だけを感じるようになる、、、そういった作用により、おいしくないタバコの本数はどんどん減少し、禁煙が比較的容易になる、、、といった感じです。

  5. 平成22 年10 月12 日
    お得意様各位
    チャンピックス錠の欠品のお詫び
    謹啓
    秋冷の候 先生におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
    平素より弊社製品に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    さて、ご愛顧頂いておりますチャンピックス錠につきましては、本年8 月まで
    毎月約7 万人分を供給して参りました。10 月からのたばこ税増税等に伴う禁煙意
    識の高まりにより、禁煙外来を受診される方が増え9 月は約17 万人分の供給とな
    りました。更に、10 月は6 日の時点ですでに約8 万人分の供給となり、当初の予
    測をはるかに上回ったため、現在、ご要望に応じたチャンピックス錠の供給がで
    きない状況が発生しております。
    この様な状況下、弊社では、既に禁煙治療を始められている患者様の治療継続
    を最優先と考え、新たに禁煙治療を希望される患者様におかれましては、しばら
    くの間チャンピックス錠のご処方による禁煙治療の開始を延期いただくようご配
    慮賜りたいと存じます。併せて、弊社といたしましては当分の間、疾患啓発広告
    を自粛することとしました。
    先生に多大なるご迷惑をおかけする事となりましたこと、深くお詫び申し上げ
    ます。
    多くの方々の禁煙治療をサポートするために、現在生産量の拡大に全力を注い
    でおります。現時点では、遅くとも来年1 月からは新規の患者様への治療を開始
    できる供給体制を整えられる予定です。今後の供給状況につきましては、あらた
    めてご連絡させていただきたく存じます。
    先生におかれましては、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げま
    す。
    謹白
    東京都渋谷区代々木三丁目22番7号
    ファイザー株式会社
    代表取締役社長 梅田 一郎

コメントする