投稿日:2010年10月6日|カテゴリ:院長ブログ
 (時事通信社より)

 来春は花粉にご注意を―。民間気象会社ウェザーニューズ(東京都港区)は6日までに、2011年春に予想されるスギやヒノキの花粉飛散量を発表した。今夏の記録的な猛暑の影響で花粉が多く飛ぶといい、全国平均で今春の5倍、近畿では10倍になる見通し。



 同社によると、スギは夏の日照時間が長いと光合成が活発になり、花粉の雄花生産量が増える。今年は猛暑の影響で日照時間が長く、高温が続いたため、来春は大量飛散を記録した2005年と同じか、さらに多くなる見込み。ヒノキもスギと同じ傾向が予想されるという。



 地域別に見たスギ・ヒノキの飛散予想量は、今春比で近畿が全国最大の10倍。関東・北陸・甲信・東海が7~8倍、東北北部・山陽が5~6倍、四国が6~7倍、東北南部・山陰が2~3倍、九州が2倍。最小は、シラカバ花粉が飛散する北海道で1~2倍の見込み。 









 もう、来春のお話ですね~
今年の猛暑の影響は、多方面に出そうです。
今は、秋の花粉による影響で苦しまれている方も結構多いですね。
そこへ、インフルエンザの流行が加われば、結構辛いことに、、、予防できるものはしておかれた方がいいかと思います。
ワクチン接種、粛々と行っております。 去年のようなパニックになることもなく、粛々と、、、

 花粉症も、早めの抗アレルギー剤の初期療法で、最小限の苦しみに抑えることも出来ます。

 何事も、先に、先にと手を打っていきましょう。ニコニコ

コメントする