投稿日:2010年9月15日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)

 植物と動物の性質を併せ持つミドリムシに、目的の細胞だけを抽出・運搬させる方法を、名古屋大の馬場嘉信教授と岡本行広・助教のチームが考案した。患者の検体からがん細胞や病原体を検出したり、再生医療で必要な細胞だけを分離するのに役立つ可能性があるという。16日、仙台市で開催中の日本分析化学会で発表する。

 チームは、ミドリムシが光合成で自ら栄養を作り出すため簡単に培養でき、光に反応して液体中を移動する性質に着目した。

 実験では、特定の細胞を認識する分子などをミドリムシの表面に付着させた。その上で、二つの容器を約5センチの管でつなぎ、一方の容器に、2種類の疑似細胞(蛍光物質)各2万個と、ミドリムシ3000匹を投入。ミドリムシは2種類のうちの目的としていた疑似細胞のみをくっつけ、光を当てると、もう一方の容器に移動した。約90分後、その疑似細胞は自然にミドリムシから離れ、35%にあたる約7000個の疑似細胞を回収することに成功した。疑似細胞には他の物質は付着しておらず、ほぼ100%の純度だった。

 岡本助教は「基本的にあらゆる細胞に適用できる。ミドリムシは安価に大量培養できるので、医療機器の不足しがちな途上国で病気の診断や再生医療に応用できるかもしれない」と話す。









 面白そうな話題、、、単細胞でありながら、長鞭毛を使って、ユーグレナ運動というくねくね運動で動き、葉緑体も持っているために光合成まで行うミドリムシの話題! 培養は比較的簡単なので、この手の実験に持って来いというわけですね~
 そういえば、サプリになっているものもあったような、、、たらーっ

8 Responses to “<ミドリムシ>目的の細胞だけ抽出・運搬 がん検出に応用も”

  1. せおいなげ より:

    ゾウリムシなら藁からきな粉で培養していました。

    生まれたてで、卵黄の無くなったメダカの仔魚に与えていましたよ。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     なんか納豆が出来そうな培養法ですね~

    メダカ、まだ育ててるんですか?

  3. 梅岡 より:

    おつかれさまです!
    先生相変わらずのペースでブログ更新されてますね、
    この前のオーディオブックでミドリムシの話題が出て
    大変僕も興味深い話しだと聞いてました。

    食料・エネルギー問題をミドリムシで解決する!
    30代社長が率いる新しい時代の幕開け
    株式会社ユーグレナ 代表取締役
    出雲 充 氏

    ユーグレナフラぺチーノ(!)とか飛行機の燃料でも
    将来性ありそうなんですって。

  4. yoshioka より:

    梅岡せんせい>

     ご無沙汰です。

    東大産のカプセルサプリでしょ~

    サプリとか言われると、眉唾っぽく感じてしまいそうですが、、、

    実際、どうなんでしょうね~

    それにしても、オーディオブック?

    先生はいつも最先端ですね~

    また、いろいろ教えてくださいませ!

  5. 梅岡 より:

    吉岡先生

    まさに聴く本のようなものです。

    車の中でよく聞いてます。
    面白いですよ。
    僕あまり音楽とか聞かないもので・・

    先生の博学には遠く及びません・・

    今後ともご指導よろしくお願いいたします。

  6. yoshioka より:

    梅岡せんせい>

     車の中で、効く、、、いいですね~

    時間の有効利用、さすがです。

    また詳しく教えてください。

    当方のようにアマチュア無線を流しているより、絶対いい気がします。

    i-tuneとかでダウンロードしたりするのかな?

  7. せおいなげ より:

    今は飼育してません。

    昔は、仕事でやってましたよ~

  8. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     メダカ、スイレンの中で飼うと、、、いやされますよね~

コメントする