投稿日:2010年6月23日|カテゴリ:院長ブログ


(CNNより)

 ニューヨーク州議会は21日、たばこ税を1箱あたり1.6ドル増税する法案を可決し、ペーターソン知事の署名で成立した。7月から施行される。


ニューヨーク州、たばこ増税へ




増税により、同州のたばこ税は全米で最も高い4.35ドルとなる。さらに、ニューヨーク市は市税1.5ドルを上乗せしており、たばこ税の合計は5.85ドルになる計算。同市のたばこ税はこれまでも全米一高額だったが、これがさらに値上がりすることになり、たばこ1箱当たりの価格は推計で平均約11ドル(約千円)になる見通し。


全米2位のシカゴのたばこ税は1箱当たり3.66ドル。


ニューヨーク州のたばこ税増税は、医療保険制度の財源として2010―11年度に4億4000万ドルの追加税収を確保する目的で実施される。










 日本も早くタバコ1000円にしてほしいと考えます。 
消費税10%で、全てのモノに課税されるよりも、余程助かります。

民主党も、消費税議論の前に、タバコ増税の議論の方が、支持率を上げやすいのではないでしょうか?!

デフレの時代ですから、慎重に、用意周到にやってもらいたいものです。ノーノー

2 Responses to “全米一たばこが高いNY、州の増税で1箱千円に”

  1. 左巻き菅 より:

    民主党は消費税を10%に上げて、その税収を何に使うのだろう。
    子ども手当などの民主党の得意とするバラマキに使われたのでは、たまったものでない。
    低所得者の税負担を軽減するために、食料品の消費税は今まで通り5%とすべき。
    中小企業の法人税率を下げることによって、倒産による税収減と雇用の喪失を避けなければならない。
    科学技術と経済に無知な蓮舫は、消費税を上げなくとも事業仕分けで税収が得られると考えているらしい。
    菅の政策で唯一支持できるのは、タバコ税の上げだけ。

  2. yoshioka より:

    左巻き菅さん>

     税金を食い物にする輩が残ったまま、増税を実行しても、
    税収の確保には繋がりませんもんね~
     そこは、事業仕分けも必要なものであったろうし、減量された財源の中で、成果をあげる企業努力も絶対必要であろうかと、、、。

     とにかく、タバコ増税、賛成~~~ですね~。(~_~)

コメントする