投稿日:2010年6月7日|カテゴリ:院長ブログ
(産経新聞より)

 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見した、と筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが6日付の米科学雑誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。

 アレルギー反応は、花粉やダニなどの抗原と、免疫細胞が作るIgE抗体が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどの物質を血中に放出し、炎症やかゆみを起こす症状。

 これまでアレルギーに対してはヒスタミンの働きを抑える薬剤を中心に治療が行われてきたが、対症療法だったため効果も限定的で、より根本的な治療法の開発が望まれていた。

 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスより強い反応を示した。詳細な解析により、アラジン1は肥満細胞からヒスタミンなどの放出を抑制する分子であることが分かった。

 渋谷教授は「アラジン1の働きを強める薬剤を開発することで、すべてのアレルギーの根本的な治療が可能になる」と話している。

 臨床試験が進めば数年後の実用化が期待できるという。








 今までの抗アレルギー薬は、ヒスタミン遊離抑制、H受容体拮抗薬
トロンボキサンA拮抗薬、ロイコトリエン拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬、そしてステロイド、、、すべて対症療法であり、根治的なものではありませんでした。
 今回はどうなのか、、、一応期待はしておきますが、まだまだ先のことです。ノーノー

2 Responses to “花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見”

  1. せおいなげ より:

    ジンマシンはかゆいですので、何とか治癒してほしいものです。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     不治の病と言えるものには、小さいものから大きなものまで、いろいろあります。

     アレルギーもその一つ。 治った、、、と思っている人のほとんどは、潜んでいるだけ。

     コントロールの精神が、他のすべての事象に有効です。

     修行です!(~_~)

コメントする