投稿日:2010年6月4日|カテゴリ:院長ブログ
  (山陽新聞より)

 手足口病患者が岡山県内で急増 ピーク迎え県が注意呼び掛け


 乳幼児を中心に、口の粘膜や手足に水疱性の発疹ができる「手足口病」の患者が岡山県内で急増している。2000年以降、この時期としては最多で、ピークを迎える夏場を控え注意が必要だ。

 県健康推進課の統計では、県内54の小児科定点医療機関から報告された患者数は、5月23日までの1週間の平均が1・56人。全国平均(1・41人)を上回る。愛媛県(10・22人)や山口県(6・12人)、広島県(2・49人)など西日本で多く発生している。

 同課や国立感染症研究所によると、接触したり、便や飛沫(ひまつ)で感染する。3〜5日の潜伏期間後に2〜3ミリの水疱性発疹ができ、微熱や食欲不振、のどの痛みといった風邪に似た症状が出る。

 また今年は、原因となるエンテロウイルスのうち、髄膜炎など中枢神経系の合併症の発生率が他のウイルスより高いEV71が主流という。

 同課は「うがいや手洗いを徹底し、予防に努めてほしい」と呼び掛けている。







 手足口病は、乳幼児、小児によく見られる疾患で、手のひら、足の裏、口の中の発疹と水疱を特徴とします。

 一般的には、発熱で始まる軽い病気で、ほとんどの人が、1週間から10日程度で自然に治ります。合併症も、ほとんどありませんが、まれに髄膜炎等の中枢神経症状が発生し、入院が必要となります。

今年の傾向は、この髄膜炎になりやすいエンテロウイルスによるものが増えているとのことで、兵庫県下でも増えてきている傾向にあり、要注意です。



 

2 Responses to “手足口病”

  1. 薫風 より:

     
    こんばんは。

    手足口病、私が子供の頃には殆ど聞きませんでした。

    友人が働いている保育園でも、二ヶ月ほど前に園で流行していたそうです・・・

    髄膜炎になりやすいウイルスは、怖いですね。

  2. yoshioka より:

    薫風さん>

     普通の感冒でも、髄膜炎になることはありますから、手足口病を特別怖がる必要はないのですが、、、冬ではないこの時期に風邪なんて、、、と油断はしないほうがいいですよね~

コメントする