投稿日:2010年4月14日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症について、日本皮膚科学会が初の診療指針をまとめた。



 治療薬や育毛剤成分、植毛などの対処法を5段階で評価し、塗り薬「リアップ」(成分名・ミノキシジル)と、飲み薬「プロペシア」(成分名・フィナステリド)の2種を最も高いA評価とした。


 脱毛症の治療は、科学的な根拠が十分でない手法もあるため、学会として国内外の論文をもとに検証。A、B、C1、C2、Dの5段階に分けた。


 自分の後頭部の毛組織を移植する自毛植毛はB、化粧品メーカーが商品化する育毛剤などに含まれる成分はC1とした。


 飲み薬の1種類は、効果について十分な評価ができなかったためC2に含め、化学繊維を使った人工毛植毛は、拒絶反応などの報告が多くDとした。ただ、女性が男性型脱毛症になった場合、プロペシアはDとされた。その上で、対処はAとC1をまず推奨し、1年経過後に効果が表れない場合はBを勧める。











 実際、プロぺシアは、男性型若年性脱毛症に対し、非常に良く効きます。
リアップとの併用も、相乗効果を期待出来ます。プロぺシアの処方は、ご相談下さい。 ただし、女性、特に妊娠中の方が、服用すると、催奇形性が強い事が報告されておりますので、絶対に使用しないで頂きたいと思います。 また、脱毛は心因性の要因によることが、非常に多いですから、原因を究明することも効果に繋がると考えられます。
 髪は長~~~い友達、、、懐かしいコマーシャルのフレーズを想い出します。ラッキー

2 Responses to “脱毛症に効果的なのは?薬や植毛5段階評価”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    <男性型若年性脱毛症>、早い話、“禿げ”ですね。
    先生のような表現をして頂きますと“禿げ”も疾患に思え、
    安心致します。
    私事ですがその昔、
    丸坊主に制帽そして詰め入りの学生服を着て、
    唯々ドツカレル為に通学していた当時、
    悪友諸兄と共に興味津々で観ていました―某先生の御頭を。
    “禿げ”は他人事とばかり思っていました。
    しかし・・・
    時は平成。
    坊っちゃんも大人となり某先生の教えを聴き過ぎた所為か
    同じ頭になりました。
    唯一の望みは“心因性”だけです。
    よしおかクリニックに相談すれば治るのでしょうか。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     某スパルタ教育学校時代の話ですね~

    リーブ21のコマーシャルではないですが、その方にあった治療法、原因の追及と解決が重要ですから、やはり相談していただくのがよいかと思います。

    坊っちゃんさんには非常に合うと思われる方法も考えてありますので、またお顔を見せてくださいませ。(~_~)

コメントする