投稿日:2010年3月31日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 内閣府と厚生労働省は30日、2004年以降の自殺者の傾向や地域別データの分析結果を公表した。

 月曜日に自殺者が多いことはこれまでも指摘されていたが、月初めも多いことなどが判明した。

 警察庁と厚労省の統計を基に分析。04~08年の日別の平均自殺者数は「3月1日」が138人で最も多く、最少だった「12月30日」(55・2人)とは2・5倍の開きがあった。月初めは総じて自殺者数が多く、年末年始や土日祝日は少なかった。曜日別では、月曜が92・8人で最多、土曜が70・7人で最少だった。地域別では、東京都は20~40代の被雇用者が多く、秋田県では50代や70代以上の自営業者が多いなどの傾向があった。

 東京自殺防止センター(03・5286・9090、午後8時~午前6時、火曜は午後5時から)などの相談窓口は、NPO法人・自殺対策支援センターライフリンクのサイト「ライフリンクDB」に掲載されている。









 3月も、もう31日と終わりに来ています。 
人事異動、転居、入学、卒業、、、この時期、様様な転機が訪れる時期であり、天候も安定せず、体調も崩れやすい傾向にあります。

 当方は、幸いにも、自殺を考えたことがありません。 どんなに辛い時も、「いつか、好転する」と、妄想することはあっても、、、死は誰にでも必ず訪れ、逃れることは叶いません。 それが、突然に、前触れもなく訪れてしまう人もいるのです。 

 死ぬことも決して楽ではない。 死ぬということは、、、死ぬほど辛い事なんだ、、、と思うのです。

 どうせいつかは死ぬのだから、精いっぱい生きたい、生きてほしい、、、
そのためには健康で居たい、居てほしい。

 その手助けをさせていただきたい、、、そのように想う次第です。モゴモゴ

2 Responses to “自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍”

  1. 薫風 より:

    私も、一度も自殺を考えた事がありませんが、体調がかなり悪かった時期、死にたいと考える方がおられる気持ちが、ほんの少しわかった気がした事がありました。

    でも、やっぱり生きたいですね。

    どんなに生きたくても生きられない方もおられるのに、自ら命を絶つなんて絶対にしてはいけないと、自分に言い聞かせています。

    先生には、ホントにお世話になっておりますm(__)m

  2. yoshioka より:

    薫風さん>

     健康で、生きたい、活きたい、そう思えることに力を添えることが、少しでも出来ているのでしたら、こちらこそ嬉しい限りです。

コメントする