投稿日:2010年3月17日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

 睡眠障害や飲酒行動に問題がある人は、自殺する危険性が通常よりそれぞれ28倍、3倍も高いことが、厚生労働省研究班の調査で明らかになった。


 研究班は2007年12月~09年12月、自殺した76人(15~78歳)の生前の様子について、遺族から聞き取り調査を実施(複数回答)。うち49人について、一般人145人と比較検討した。


 その結果、睡眠障害などのほか、うつ病などの気分障害は通常より6倍、死に関する発言をした人は同4倍、不注意や無謀な行為のあった人は同35倍も自殺の危険性が高かった。


 国内での年間自殺者は、1998年以来12年連続で3万人を超えている。研究班でデータ分析にあたった松本俊彦・同研究所室長は「自殺のサインを見逃さないよう国民への啓発活動が必要。かかりつけ医や精神科医の診断能力の向上も求められる」と指摘している。









 この時期、年間でもっとも自殺者が増えると言われる頃ですが、、、睡眠障害は、予兆であったり、サインであったり、または、他の疾患の原因になったりします。 寝れないからと、寝酒を始めるのも増悪因子になりやすいです。 1日の疲れ、ストレスをリセットするのが睡眠、また記憶の整理をするのも睡眠です。 睡眠時無呼吸・低呼吸症候群も、多様な成人病の発病の原因になります。 つまり、健康を保つのに睡眠は欠かせないということです。 皆さまの睡眠の質はどうでしょうか? 寝つきがよくても、眠れていることとは違うということを認識していただきたいと考えます。ニコニコ

4 Responses to “睡眠障害の自殺危険28倍、飲酒3倍…厚労省調査”

  1. せおいなげ より:

    良質の睡眠については承知しております。

    体調管理の基本ですね~

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     よく眠れた時と眠れなかった時とでは、技の切れも、、、

    違いますか?(~_~;)

    基本が大事ですから、、、

  3. せおいなげ より:

    そうですね~

    最近はよい睡眠かもしれません。

    切れはやはり違います。

    良い睡眠=技のきれというよりは、良い睡眠=良い体調=技の切れという感じです。

    まさに基本です。

    筋肉痛や違和感は特にありません。

    加齢の恐怖を克服したからかも。

    まだまだ追い込みますよ~

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     まだまだ進化中ということですね~

    さすが!

コメントする