投稿日:2010年2月24日|カテゴリ:院長ブログ
(asahi.comより)

 新型の豚インフルエンザについて、世界保健機関(WHO)は23日、緊急委員会を開き、流行のピークは越えたと宣言する検討を始めた。この日は結論にいたらず、2~3週間後に改めて検討することとなった。WHOは昨年6月に警戒レベル(フェーズ)を最高度の6に上げてパンデミック(世界的大流行)を宣言している。

 WHO指針で「ピーク越え期」は、パンデミック終了宣言に向けた移行期という位置づけだが、判断に慎重な国も少なくない。フェーズ6の時の特例としてワクチンの承認手続きを簡略にしたり、未承認の抗ウイルス薬を使えるようにしたりするなどの措置をとっているからだ。

 一方、新型インフルへの対策を続けるのは経済負担が大きいため、途上国などから対策を緩めたいという要望も強まっていた。


 新型インフルは昨年3月ごろ、メキシコで発生したとみられている。212の国・地域に広がり、約1万6千人が死亡。国内では約200人が亡くなった。北米では昨年10月、日本や欧州の多くの国も11月末に感染者が減少傾向に転じた。

 新型インフルは今後、第2、第3波を起こすうちに季節性として定着しパンデミックは終了するとみられる。










 まさに、本来の季節性インフルは見事に押さえ込まれ、このまま検出されることなくインフルの終息、、、ウイルス性胃腸炎もあともう少しといった感じ、、、花粉症の方にはこれからが本番です。
 花粉症といっても、くしゃみ、鼻水ばかりではありません。 顔に湿疹が出来て、皮膚科さんで診断を受ける場合もありますし、咳が止まらなくなって、咳喘息という診断に進展する場合も少なくないのです。
 最近、この咳喘息が、かなり多くなってきております。 風邪をきっかけに、または風邪症状も無いのに2週間以上咳が出だすと止まらない、日中にやや軽減したかと思ったら、夕方、夜ぐらいから咳き込みだし、睡眠も妨げるといった感じです。 いずれにしましても、早い目にコントロールしましょう。ニコニコ

2 Responses to “新型インフル、峠越え宣言の検討始める WHOが緊急委”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    季節性インフ・新型インフ・ウイルス性腸炎について
    慎重派の先生をして終息見込みとの御見解、
    少し安心して街中を歩けそうです。
    対して花粉症の到来、
    それも湿疹や咳喘息を伴うこともあるとか、
    病を避けたい我々に心配事の種は尽きまじですが、
    先生の御警鐘のとうり早めのコントロールを心掛けたいものです。
    具体的に防御策はありますでしょうか。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     マスク、防護メガネなど、基本的なことがきちんと出来るかにかかっているのではないでしょうか?
     既に、気道の過敏性を有する場合は、抗アレルギー剤の予防的コントロールをしておくことが大事です。

コメントする