投稿日:2010年2月20日|カテゴリ:院長ブログ
(asahi.comより)

国立感染症研究所は19日、最新の1週間(2月8~14日)に全国約5千の定点医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1医療機関あたり2.81人(前週4.26人)と発表した。3週連続で減少し、全都道府県で注意報レベルの10人を下回った。ほとんどが新型の豚インフルとみられる。昨年7月上旬以降、推計患者数は累計約2043万人。

 全国で定点あたり10人を下回るのは、先行した沖縄での流行が始まった7月下旬以降、約7カ月ぶり。今回の新型インフルの流行はいったんピークを過ぎたとみられるが、厚生労働省は「週に15万人が受診し死者も出ている。依然として流行は続いている」と注意を呼びかけている。










皆さまの関心はウイルス性胃腸炎か、花粉症へと移行しているとは思いますが、当方としては油断するわけにもいきませんので、厚労省の呼びかけ通り、注意しておくとします。来季のインフルワクチンは、季節性と新型の混合ワクチンとなりますから、1種類の接種ですみます。ラッキー

コメントする