投稿日:2010年1月29日|カテゴリ:院長ブログ

(CNNより) 

インド東部西ベンガル州の保健省は26日、同州のムルシダバード県で鳥インフルエンザの感染が確認されたとして、家きん類など10万羽以上を殺処分したと発表した。

人間への感染は今のところ報告されていない。

インドでは2008年11月から09年5月にかけ、バングラデシュとの国境に近い西ベンガル州とアッサム州、シッキム州で鳥インフルエンザ被害が広がった。その後、家きん類や卵の処分を継続的に行い、昨年10月に終息宣言を出していた。










 本当に怖いのは鳥インフルエンザですから、この動向は押さえておかなければなりません。
 しかし、ここのところ、ウイルス性胃腸炎が猛威となりつつあります。
ノロウイルスなどは、感染力が強く、またたく間に広がりますので、要注意ですね。ムニョムニョ

 そろそろ花粉症の発症されている方も出始めてきました。 初期療法といって、発症前から抗アレルギー剤を服用していくことが重症化させない方法です。

 何事も、コントロールが重要です。ニコニコ

コメントする