投稿日:2010年1月21日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの接種を、0歳児に対しても認めることに決めた。

 これですべての国民がワクチンを受けられることになった。

 ワクチンの優先接種の対象は、1~18歳の子供、65歳以上の高齢者、持病のある人、0歳児の両親などに限られ、0歳児は免疫がつきにくいとして、はずされていた。優先接種が一段落し、19~64歳の健康な成人への接種が始まっているが、国産ワクチンも余剰がでる見通し。国産ワクチンの場合、0歳児は成人の5分の1の量を、1~4週間の間隔をおいて2回接種する。








 厳密には、授乳がきちんと出来ている0歳児であれば、母親がワクチン接種されていれば、抗体は移行できますから、必要はないのですが、、、もうほとんど授乳が減ってきていたり、何らかの理由で、母親がワクチン接種出来ないのであれば、適応となると言えます。
 いずれにしても、もう全国民が対照であり、パニックな様相も落ち着いてきた今こそ、ベストな接種時期であると考えられます。
 新型ワクチン接種も、ここにきて増えてまいりましたことは、日記も少しは啓蒙活動として意味を為せたのかなと自我自賛しとります。たらーっ

4 Responses to “新型ワクチン、0歳児にも…全国民が接種対象に”

  1. もうすぐ10ヶ月の母 より:

    年末に私は新型インフルエンザの予防接種を受けたのですが、子供はもうすぐ10ヶ月。

    授乳の量も減ってはきているので、子供に受けさせるかどうか悩みどころです。

    第3波に対応するため、国産ワクチンがあるうちに受けさせたほうがいいのでしょうか。

  2. yoshioka より:

    もうすぐ10ヶ月の母さん>

     備えあれば憂いなしと申します。 後で、後悔する可能性があるなら、出来ることは全てやった上で、起こることに対応していく方が望ましいのではないでしょうか?

     あの時、やっておけばよかったと、出来る限り思いたくないというのが当方の心情でもございます。

     また、考えは人それぞれでもありますので、熟慮くださいませ。

  3. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。

    先生の『日記』の効用も勿論でしょうが、
    新型インフがパニックを経て市民権を得た
    という事でもありましょうか。
    『日記』を<予防の教科書>とさせてもらっています。
    新たなウイルス、それに向けた対応等等、
    御教示のほどお願いします。

  4. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     人間とウイルスのいたちごっこ。

    淘汰されないよう、免疫力を高めていくより他、無いのではないでしょうか?!

    日記は、それがテーマです。

    ウイルスのみではなく、生きていく上での免疫力、抵抗力、、、修行です。 それには、基礎の反復が重要です。

コメントする