投稿日:2009年12月29日|カテゴリ:院長ブログ

 (毎日新聞より)

 強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)の流行に備え、政府が備蓄してきたプレパンデミック(大流行前)ワクチン1000万人分(約50億円相当)が使用期限切れとなっていることが28日分かった。厚生労働省は今年度、医療従事者などに新型発生前の事前接種を検討していたが、想定外の新型インフルエンザ(H1N1型)への対応に追われる間に約3年の保存期間が過ぎた。専門家は「H5N1型が新型になる危険はある。ワクチンの今後の製造や備蓄について早急に議論を始めるべきだ」と指摘している。
 
 強毒性鳥インフルエンザは97年に香港で死者が出て以来、世界中で445人に感染。うち6割近い263人の死亡が確認され、世界保健機関(WHO)は新型への変異を警戒している。政府も感染拡大を防ぐ行動計画を策定するなど対策を進め、06年度から毎年1000万人分、計3000万人分のワクチンを製造、備蓄している。

 政府は今年度から医師や公務員など97業種の1000万~1500万人に優先接種を検討していた。だが、4月下旬以降、H1N1型が流行したため、ワクチン接種ができないまま、最初の年に製造した1000万人分が今年の夏から秋にかけて期限切れとなった。

 厚労省は「使用可能かどうかを調べる追加検査をして保存期間を延ばす対応もある。すぐに廃棄ということにはならない」としながら、「備蓄を始めた当時は、H5N1型の流行がすぐにも始まると推測され、保存期間後の検討はしていなかった。今年に入り、新型への対応などで、とても議論する余裕がなかった」と明かす。

 プレパンデミックワクチンを巡っては、専門家の間でも▽備蓄分を無駄にせず、さらに増産して全国民分の接種を進めるべきだ▽H5N1型が新型になるか分からないため製造を中止し、ウイルスのどの型が新型になっても短期間でワクチンを作れるよう製造法を開発すべきだ--と意見が分かれている。

 政府の新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会委員を務める河岡義裕・東京大医科学研究所教授は「保険として考えれば期限が切れた分の廃棄は仕方ない。残りの2000万人分について優先接種をするのか、今後も製造と備蓄を続けるのか、議論が必要だ」と話している。

 ◇プレパンデミック(大流行前)ワクチン

 インフルエンザのパンデミック(大流行)は動物で流行しているウイルスが変異し、人から人に感染するようになって起こる。強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)のウイルスは新型への変異が懸念されているが、流行後の製造、接種には半年以上かかるため、変異前のウイルスをもとに製造する。ウイルスの型が同じであれば、感染に対してある程度の重症化防止の効果が期待できるとされ、日本や米国、スイスなど各国で備蓄している。










 こんなことになるのではと危惧しておりましたが、、、

期限切れでも、すぐに使えなくなるはずもなく、今こそ、医療従事者を使って、副作用確認していただいても構わないのですが、、、

 新型インフルでさえ、これほどのパニックですから、先を見据えて、動かなければなりません。

 当方も、来年を見据えて、気合いを入れなおしていきます。

 



 来年も、どうぞ宜しく。ニコニコ

3 Responses to “<強毒鳥インフル>「大流行前ワクチン」一千万人分期限切れ”

  1. 薫風 より:

     
    今年も一年、本当にお疲れ様でした。

    どんな病気が流行するかを確実に予測できないので、難しい課題ですね・・・

    でも、先生の様に”医療従事者を使って、副作用確認していただいても構わない”と、こうした機会にも、診て頂く側の者の立場に立って物事ん考えて下さる方が居て下さるのは、とても心強いです。

    診て頂く方も、しっかり考えて行動しなければ・・・と、思います。

    今年も大変お世話になりました(^_^;)来年も、お世話になると思いますが、よろしくお願い致しますm(__)m

    良い年を、お迎え下さいませ
    (^^)

  2. yoshioka より:

    薫風さん>

     こちらこそ、よろしくお願いします。

    良いお年をお過ごしください。

     当方、ルーキーズなるドラマをチラ見しただけで、大泣きしております。(T_T)

  3. 薫風 より:

     
    ルーキーズ、テレビドラマを全話見て、ハマり、映画まで見に行ってしまいました(^_^;)

    あれは泣きます(T-T)

コメントする