投稿日:2009年12月22日|カテゴリ:院長ブログ

 (毎日新聞より)

 政府は10年度税制改正で増税を検討しているたばこ税について、1本当たり5円程度引き上げる方針を固めた。22日決定する税制改正大綱に盛り込む。過去の引き上げ幅は最大1本1円程度で、たばこ税としては過去最大の増税となる。1箱(20本入り)300円前後が主流の一般的な紙巻きたばこの価格は来年度中に400円前後に値上がりする見通しだ。

 たばこ税をめぐっては、政府税制調査会が小幅引き上げの方針で一致。鳩山由紀夫首相も21日、「増税あるべき。税収よりも、国民の健康のためという発想を重視したい」と述べ、引き上げに意欲を示していた。財務省は1本1円の引き上げで年1360億円の増収になると試算しているが、増税で喫煙者のたばこ離れも加速するとみられ大幅な税収増が実現できるかは不透明だ。

 10年度税制改正では、「子ども手当」の財源として廃止を予定している扶養控除の取り扱いなど、与党内の最終了承が得られていない税目も残っており、政府税制調査会を中心に詰めの作業に入る。大綱決定は22日夕の臨時閣議にずれ込む見通しだ。

 鳩山政権にとって初めての税制改正作業は暫定税率などをめぐる調整が難航し、大綱取りまとめは当初予定していた12月11日から大きくずれ込んだ。大綱の決定で来年度の税収見通しがほぼ固まることから、政府は10年度予算案の編成作業を加速させ、25日に閣議決定したい考えだ。











 中途半端ではありますが、増税となれば喫煙者は減ることはあっても、増えることはないでしょう、、、さすがに。
 1箱1000円となれば、民主党もいいとこあるなといえたのですが、、、ここ最近の動向は、自民党の時よりもひどいように感じます。
 特に小沢氏の言動、行動は目に余ります。モゴモゴ

 とにかく、禁煙者が増え、外食などでの環境がよくなり、道路などのポイ捨てなどが減ってくれれば、、、そしてそして、皆様の健康が少しでもアップしていただければ、、、と、願うばかりです。ニコニコ

4 Responses to “<たばこ税>政府 1本当たり5円程度引き上げの方針固める”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、こんばんは。

    タバコ値上げのお話ですね。
    小生は1本5円の値上げでは足りないと思います。
    1箱千円でいいじゃないですか。
    喫煙マナーが依然として良くならない現状では
    この際購入価格を上げて喫煙者を減らす以外に方策はない。
    この様に思いますが如何でしょうか。
    (病棟では喫煙がとても迷惑です)

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     そこが民主党 鳩さまの偽善的なところです。

    当初1000円説を出しておきながら、それでは喫煙率が下がり過ぎて税収にならないと指摘されると、1本3円の値上げと言い出し、それでは対して喫煙率が下がらないと指摘され、5円で手を打ったと、、、決断力の欠如は病的と言わざるを得ません。

    というわけで、健康目的というのは全くの建前であり、期待するものではないでしょう。

    ガソリンの暫定税率削減も、言わば「言ってみただけ」というところ。

     もはや、この政権の先は見えましたね~

  3. せおいなげ より:

    すなおに財源って言ったほうが楽なのにね~

    小沢氏に関しては、検察の動きに要注意ですね。

    鳩山氏と違って、利権がからんでますから。

    財源といえば、医療報酬も改定されるようです。

    ホントに必要なところに税金がまわってほしいと思う今日この頃でございます。

    先進国で一流の医療を提供し、長寿国になった日本の医療費は、GDP比で8%という現状を知らなければなりませんね。

    つまり、安い報酬で、医療に従事している人たちはがんばっているということです。

    健康のためにたばこを増税するなら、みなさまのおっしゃる通り、1000円でお願いします。

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん

     いわゆるコメディカルの待遇が改善されなければ、

    医療の現場は本当に崩壊するでしょう。 

    当方にしても、勤務医時代なら出来ていたことも現実不可能

    なことも多く、単に開業医の締め付けが行われていくだけな

    ら、勤務医に戻ることも視野に入れざるを得ない可能性もで

    てくるでしょう。

コメントする