投稿日:2009年12月12日|カテゴリ:院長ブログ

(毎日新聞より)

 三大流星群の一つ、ふたご座流星群の活動が13、14日の2夜にわたり活発になる。今年は16日が新月で、月明かりの影響のない好条件。真っ暗の場所では深夜には1時間あたり50個以上、市街地でも5個程度が見られそうだ。国立天文台(東京)は15日朝まで、全国の観察者にインターネットや携帯電話を通じて結果を報告してもらうキャンペーンを実施する。

 ふたご座流星群は、かつて彗星だった小惑星ファエトンが軌道上に放出した塵が、大気に飛び込んで出現すると考えられている。ふたご座で2番目に明るい星カストル付近から、全天に飛び出すような方向に現れる。

 キャンペーンのサイトはhttp://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20091211/。携帯電話用はhttp://naojcamp.nao.ac.jp/i/phenomena/20091211/










 今年最後の流星群ではないでしょうか?

確か、獅子座流星群の時も天気が悪くて見れなかったような、、、

皆さんも、今日は夜空を見上げてみてはいかがでしょう?!ニコニコ

4 Responses to “<ふたご座流星群>13、14日見られそう 新月近く好条件”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、こんばんは。

    <ふたご座流星群>情報ありがとうございます。
    先生のブログを拝見して初めて知りました。
    “流れ星”は何度見てもロマンチックですね。
    「インフルエンザがなくなる様に」とお願いしましょう。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     見えましたよ~~~

    オリオン座のすぐ傍を、2~3個見えました。

  3. せおいなげ より:

    外は寒いのでやめときます。

    流星や宇宙というと、「宇宙戦艦ヤマト」を思い出してしまいます。

    オリオン座のよこを飛行してないかな~

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     今夜もたぶん、見れますよ~

    寒いけど、結構すぐに見えますからトライしてみてください。

    いいこと在るかも、、、

コメントする