投稿日:2009年12月9日|カテゴリ:院長ブログ

 (読売新聞より)

 製薬企業のグラクソ・スミスクラインは9日、国内初の子宮頸がんワクチンを今月22日から発売すると発表した。


 子宮頸がんを引き起こすウイルスの感染を防ぎ、発症を7割減らせると期待される。接種対象は10歳以上の女性。3回の接種が必要で、費用は自己負担。同社の希望価格は1回分で1万2000円。

 子宮頸がんは国内で年間1万人以上が発症、3500人が死亡すると推定されている。日本産科婦人科学会などは公費負担による無料接種を国に求めている。









子宮頚がんは、最近、日本では20代から30代の女性に急増しており、早期発見すれば治癒も望めるため、国は平成16年より検針対象年齢を20歳以上に引き下げています。

原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)は、100種類以上の型がありますが、子宮頚がんに関連するのは15の型に絞られ、そのうち16,18,33,52,58型が高危険型に分類、欧米では7割が16、18型に起因します。この16、18の型の感染に対するワクチンが、米国メルクの「ガーダシル」と、英国クラクソ・スミスクラインの「サーバリックス」です。
 「ガーダシル」は16、18型のほか、尖圭コンジローム(いぼ)の原因となる型にも効果があり、「サーバリックス」は免疫増強剤が配合され、16、18型のほか、31、45型にも効果が認められるとのこと。

 で、今回、厚労省が承認したのは「サーバリックス」の方。 海外での臨床試験では4万人以上を対象に、安全性が高いこと、5年半までの間に100%の予防効果があったことが確認されたらしいです。

 若い女性や、10代の子供を持つ保護者が、どれほどワクチン接種に積極的になるかが問題ですね。ノーノー

2 Responses to “国内初の子宮頸がんワクチン、22日発売”

  1. せおいなげ より:

    今年の私の流行語は、「グラクソ・スミスクライン」で決まりでございます。

    免疫というものは、なくては困りますし、過剰に反応しても困りますね。

    がんを引き起こすウイルス感染を防ぐものといわれますと頼もしく感じます。

    ところで、機会があれば、赤星選手の怪我について語りましょう。

    ここではやめときましょう。(笑)

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     赤星選手の引退、、、医師の一言で道が左右された悲劇ですね!

     清原選手も同じですね、、、また語りましょう。

コメントする