投稿日:2009年12月8日|カテゴリ:院長ブログ
 ウェザーニューズが2010年の花粉飛傾向を発表

(ORICON STYLEより)

ウェザーニューズは8日、2010年春のスギ花粉の飛散傾向を発表した。花粉は前年夏の日照時間や最高気温、降水量が大きくかかわってくるが、2009年夏は梅雨明けが遅れたため全国的に日照時間が少なく、北日本を中心に気温が低かったこと、花粉飛散量は交互に増減する傾向があり、昨シーズンはスギ花粉の飛散が全国的に多かったことなどを理由に、同社はほとんどのエリアで昨シーズンの半分以下の飛散量になり「2005年からの過去5年間の中でも最も少なくなりそう」としている。

 また、北海道域のシラカバ花粉は昨シーズンの飛散量が少なかったため、同社は「今シーズンは昨シーズンよりも多く飛散する可能性がある」としているほか、ヒノキ花粉については「スギ花粉の飛散数と傾向が似ているため、今シーズンのヒノキ花粉の飛散量も少ない」と予想した。

 飛散時期については、寒気のピークが過ぎる2月中旬前後に始まると予測。エリア別では宮崎県が2月3日頃で一番早く、北海道北部が4月27日頃にシーズン入りするとみられている。また、記録的な暖冬となった昨シーズンは、早くから花粉の飛散が始まったが、同社は「今シーズンも昨シーズンと同等の早さになる可能性がある」として早めの対策を呼び掛けている。











 花粉症に苦しむ方にとっては、ある意味、インフルエンザの方が簡単に予防できるので、これからの時期、恐怖するところでしょうが、、、
 これは朗報ですね~ラッキー

 かといって、少量の花粉でも、反応がひとたび起これば、発症はしますので、初期療法はやはりされるべきです。 副鼻腔炎等に進展しないよう、早めの受診をしていただきたいですね。

2 Responses to “来春の花粉は過去5年で最も少ない”

  1. せおいなげ より:

    いっきに記事がきましたね~(笑)

    副鼻くう炎はたまりませんので、コントロールしマッスル。

    なぜか花粉はないのですねぇ。

    私。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     不幸中の幸いといったところですね~

    とにかく、コントロール、上手くいってますね~、何とか!!(~_~;)

コメントする