投稿日:2009年12月4日|カテゴリ:院長ブログ

 (毎日新聞より)

 皮膚表面で温度を感知するたんぱく質が、肌の乾燥に深くかかわっていることが、自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター(愛知県)とポーラ化成工業(横浜市)の研究で分かった。冬の肌荒れの原因は空気の乾燥だけでなく気温低下にもあることを示す結果で、福岡市で開かれる日本研究皮膚科学会で5日発表する。

 このたんぱく質「TRPV4」は体内のさまざまな場所にあり、温度や筋肉の緊張などの刺激を感知する働きがあることが知られている。

 ポーラ化成の木田尚子研究員(皮膚科学)らは、TRPV4が温度によって活性を変えることに着目。皮膚でどんな働きをしているかを調べた。

 TRPV4が不活発になるセ氏24度で人の表皮細胞を培養すると、適温の室内での皮膚温度(33度)で培養した場合と比べて細胞同士の接着が緩み、すき間から水分などの物質が通り抜けやすくなった。

 TRPV4を活性化する試薬を加えたところ、物質の透過が抑制された。

 これらのことから、低温がTRPV4の活性化を妨げることで皮膚のバリアー機能が低下し、水分が失われて肌の乾燥が進むと推測された。

 木田さんは「入浴で肌が潤うことは経験的に知られているが、これには湿度だけでなく温度も関係していることが細胞レベルで分かった。温めることによって肌荒れを改善するなど新しい方法につながるかもしれない」と話す。










 診察の時、小生は、見えない気管支の状態を想定するとき、皮膚、口腔内の粘膜の状態で判断することがあります。 同じ外肺葉由来である皮膚と粘膜系は、生体内で同様の反応をすることが多いわけです。

たとえば、自覚症状はあまりない気管支喘息の方が、急な発作を起こしたとして、ピークフローメーターなどで管理出来ていない時、実はアトピーが悪化していたというような予兆があったりするわけです。 

 皮膚が乾燥しやすいこの時期、肌を守ることで、気管や鼻腔の粘膜も守ることになる可能性を示唆したニュースでした。ラッキー

4 Responses to “<冬の肌荒れ>乾燥以外に寒さも大敵 ポーラ化成など研究”

  1. 薫風 より:

    私も気管支喘息を持っていますが、気管の調子が悪い時は昔から手の皮がボロボロになります。

    関係があるんでしょうかね
    (^_^;)

    肌や粘膜、気管のためにも、身体を冷やさない事は大切なんですね。

  2. yoshioka より:

    薫風さん>

     関係は勿論あるでしょうね~

    アレルギー反応を起こす抗体や好酸球は、血液によって運ばれ、局所へと集積して、発作を起こしますが、皮膚の血管レベルで起こっていることは、鼻腔、咽頭、気管、また胃粘膜でも起こっていると考えられます。

    たとえば、ジンマシンが起こった時、口腔内にも出来ていることに気づくことがあると思いますが、胃粘膜も傷んでいるんですよね~

    平熱が低いんですと、普通に言われている方がおられますが、、、体温調節がうまくいかず、つまり自律神経の調節がうまくいかず、免疫力が弱っているということを理解しなくてはいけないんです。

  3. 薫風 より:

    身体って、不調が表れる部分だけに目が行きがちですけど、やっぱり繋がってるんですね。

    うーん(>_<)体温が低いのも、免疫力が下がっているのも自律神経の働きが関係しているんですね。

    まずは自律神経がキチンと働く様にしなければなりませんね(´~`;)

  4. yoshioka より:

    薫風さん>

    そうですね、自分で制御できない臓器のコントロールは全て自律神経でなされていますから、たとえば、食道の動き、胃酸の分泌、胃の蠕動運動、これらを調節する自律神経が制御できなくなると、逆流性食道炎、胃酸過多による胃炎・胃潰瘍、異常な動きをすれば胃痙攣と表現される胃痛、動きをやめてしまうと胃もたれを感じるといった具合です。心臓も動悸や不整を感じるときがありますよね。
    全身のコントロールをつかさどるこの自律神経を狂わせる大半は、やはりストレスです。
    逆を言えば、このストレスをコントロール出来れば、人間の自然治癒力でかなりの病気は治ると考えられるでしょう。 

コメントする