投稿日:2009年11月23日|カテゴリ:院長ブログ
(時事通信社より)

 カナダの衛生当局は22日までに、英医薬品大手グラクソ・スミスクラインが製造した新型インフルエンザのワクチン17万回分の使用を中止することを決めた。CTVなどカナダの複数のメディアが伝えた。接種後に通常よりも高い比率で重いアレルギー反応が発生したためで、グラクソ側が、原因を調査するため暫定的に使用を控えるよう当局に要請した。

 日本政府は来月にも同社製ワクチンを輸入し、来年1月から高齢者に使用する計画だったことから、厚生労働省は調査団をカナダに派遣し、情報収集を進めることを決めた。

 報道によると、カナダ中部のマニトバ州で、グラクソ製の一定量のワクチンについて、通常1~2例にとどまる重い副作用が6例発生した。同州の衛生当局は、副作用の具体的な症状を明らかにしていないが、症状はいずれも短時間で治まり、すべての患者が既に回復したという。日本では、新型インフルエンザのワクチンは優先接種の対象者5400万人には国産ワクチンを用いるが、高齢者(65歳以上)には輸入ワクチンを割り当てることとしていた。日本政府はグラクソから3700万人分、ノバルティス(スイス)から1250万人分(いずれも2回接種)を輸入する予定で、既に両社と購入契約を締結。手続きを簡略化した「特例承認」を初適用し、来月にも輸入する方向で調整している。

 問題となったグラクソのワクチンには国産には含まれない免疫補助剤(アジュバント)が添加されているほか、筋肉注射を行うなど製造、使用方法が国産と異なっている。長妻昭厚労相は23日、東京都内で開いた記者会見で「昨日、グラクソの担当者を呼んで話を聞いたが、詳細はつかめていない。12月上旬までに調査団を送り込んで、実態を把握していこうと考えている」と述べた。その上で、副作用が一部の生産ロットに限定されるものか、製造などに起因するものかどうかについて確認を急ぐ考えを示した。 







 すべての患者が既に回復したといいながら、回収という事態になったことは疑問が残りますが、、、

 何にせよ、輸入、接種がすんだ後では、グラクソ・スミスクラインは免責ということでしたから、そうなる前でよかったです。

 実際、免疫補助剤(アジュバント)が悪いのかどうかも不明ですから、外国産ワクチンが危険であるといった認識は、必要ないかと思います。

 副反応が、実際の感染による後遺症を上回るのであれば、ワクチン接種はしない方がいいでしょうが、、、その可能性は低いはずで、ほとんどの方の症状を軽減出来るはずですから、、、あとは、個人の考え方になるかと思います。

 インフルエンザ脳症で一生苦しまれていく、あるいは命を落とされた方がいることは、紛れも無い事実ですから。ノーノー

コメントする