投稿日:2009年11月11日|カテゴリ:院長ブログ
(CNNニュースより)

 米国でたばこをやめたい人のための「禁煙ワクチン」が開発され、国立衛生研究所の薬物乱用研究所(NIDA)から1000万ドル(約9億円)の助成を受けて、このほど最終段階の治験が始まった。


禁煙ワクチン「ニックバックス」を製造しているのは米医薬品メーカーのナビ・バイオファーマシューティカルズ(本社メリーランド州)。たばこを吸って快感が得られるのは脳がニコチンに刺激されるためだが、このワクチンを投与すると喫煙者の血中のニコチン分子に抗体が結合し、大きくなったニコチン分子は脳に到達できなくなる。その結果、神経伝達物質のドーパミンが放出されなくなり、快感を感じなくなるという仕組み。脳に到達するニコチンの量が徐々に減れば、たばこを吸いたいと思わなくなり、禁煙に成功する確率が高まるという。


米国がん協会の統計によると、米国の喫煙者4400万人のうち、70%がたばこをやめたいと考えており、毎年約40%が禁煙に挑戦するが、禁煙を続けられるのは4―7%止まり。しかしナビによれば、過去の臨床試験ではニックバックスを利用した被験者の30―35%が長期にわたる禁煙に成功し、副作用はほとんどなかったとしている。


今回の治験は約1000人を対象に実施し、効果や副作用を調べて一般的な療法と比較、安全性に問題がないかどうかを検証する。結果は2011年9月までに出る見通しで、これを受けて米食品医薬局(FDA)に承認を申請する予定。


国立衛生研究所幹部のフランシス・コリンズ氏は「ニコチン中毒による死者は米国だけで年間50万人に上るが、禁煙を成功させるための効果的な療法を見つけるのは極めて困難だった。今回の抗ニコチンワクチンの治験では、この問題の解決に向け、大きな希望が持てる」と話している。








 現行の「チャンピックス」は内服薬で、ニコチン受容体にくっついて、自身はドーパミンを放出しながらニコチンをブロックしますから、薬が、いわゆる美味しい感覚を生みますが、しかし、薬効は服用を続けている間だけです。

 このワクチンは、それ自身は「美味しい」感覚は得られませんが、効果は長期間続きますので、より禁煙の成功率は高まることが期待できます。ラッキー

 たばこ増税も迫っておりますので、早く止めたもの勝ちですよ~~~イヒヒ

2 Responses to “米で「禁煙ワクチン」の治験開始、抗体でニコチンを阻止”

  1. 伊尻光邦 より:

    お疲れ様です。

    鹿児島県で、禁煙ワクチンを接種してくれる病院を紹介していただけませんか。

    • yoshioka-clin より:

      禁煙ワクチンとして開発された「ニックバックス(NicVax)は、2011年に1000例の喫煙者を対象に臨床試験がされた結果、認容性や安全性には問題がなかったものの、明確な禁煙率の改善効果も認められなかったということで、

      商品化には至っていないようです。

       

コメントする