投稿日:2009年10月20日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

 農林水産省は20日、大阪府内の養豚場の豚が新型インフルエンザに感染した疑いがあると発表した。


 人から豚にインフルエンザウイルスが感染しやすいことから、同省は新型インフルエンザが国内で初めて人から動物に感染したとみている。


 同省によると、16日に大阪府内の養豚場で飼育されている豚10頭分の検体を検査した結果、インフルエンザの陽性反応が出た。


 茨城県つくば市の動物衛生研究所でさらに調べたところ、20日に新型インフルエンザである可能性が高まった。新型かどうかは21日に確定する。


 この養豚場では約1000頭が飼育されており、新型と確認された場合、同省は出荷の自粛を要請する。養豚場の従業員には、これまで新型インフルの感染は確認されていないが、出入り業者などから感染した可能性があるという。


 内閣府食品安全委員会が4月に出した見解では、新型インフルに感染した豚肉について、加熱調理すればウイルスが死滅するため、食べても人に感染する可能性はないという。


 これまで、新型インフルエンザが人から豚に感染したのが確認されているのは、米国、英国、豪州、アルゼンチンなど7か国。


 厚生労働省は「インフルエンザウイルスが人から豚に感染すること自体は珍しいことではなく、新型インフルだとしても、毒性や感染力が強まるとは考えにくい」としている。









 厚生労働省の最後のコメントは、ビックリですね! これが繰り返されて強毒化への変異が起こる可能性が出てくるのですから、、、大体、豚の中で、人インフルと鳥インフル、豚インフルが混ざって出来た今回の新型、、、忘れてしまってるのでしょうか?ムニョムニョ

 本日、医療従事者用ということで、新型インフルのワクチンが、ついに2瓶だけ、クリニックに届きました。






 厚労省の最終決定では、20代~50代の医療従事者は1回接種ということですから、4人分ということになりますが、、、すでにスタッフだけでも足りませんが、どうしろというのでしょう? ワタクシ自身は、毎日の診察の中で、既に強力な抗体を得ていると確信しております。 ですから、スタッフに回したとしても既に足らない。
 スタッフたちも同じ理由から、拒否するかも知れません。 
医療人たるもの、まずは身をもって副作用を確認するべきと、自ら率先して接種すべきか、、、ここは迷われるところです。 とにかくスタッフ会議です、、、たらーっ

コメントする