投稿日:2009年10月6日|カテゴリ:院長ブログ
早めに防災対応を・気象庁
(時事通信社より)

 非常に強い台風18号は6日、南大東島の近海を北上した。強い勢力を保ったまま8日昼にも西日本から東日本に上陸する可能性が非常に高く、気象庁は大雨や暴風への厳重な警戒を呼び掛けた。





 会見した村中明主任予報官は「雨や風が激しくなってからの行動は危険。時間的余裕のあるうちに避難など防災対応を取ってほしい」としている。


 同庁によると、台風は6日午後8時現在、南大東島の南南西約100キロの海上にあり、時速約25キロで北へ進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径150キロ以内で風速25メートル以上の暴風となっている。


 7日未明にかけて南大東島に最も接近した後、西日本の南海上を北東に進み、8日には西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがある。上陸時には中心気圧945~950ヘクトパスカル、最大風速40~45メートルと予想される。 






 台風が少ないとは思っておりましたが、、、

今回のは、また大きいのがやってきたようで、しかも本土直撃が免れられないような雰囲気ですね!

予報では、8日の木曜日とのこと、、、クリニックは半日午前診のみですが、来院される方は、どうぞお気をつけてくださいませ。

 大きな災害などが起こらぬことを願うばかりです。ムニョムニョ

コメントする