投稿日:2009年9月30日|カテゴリ:院長ブログ
 (毎日新聞より)

 新型インフルエンザの致死率は毎年流行する季節性インフルエンザと同程度の0.045%とする分析を、米ハーバード大などの研究チームがまとめ、米医学サイト「PLoS Currents」に発表した。これまでは、1957年から流行した「アジアかぜ」並みの0.5%程度とみられていた。

 研究チームは、4~7月、米ミルウォーキーなど2市で入院した感染者、入院していない感染者のデータをもとに、通院しなかった人も含めた発症者を推計した。従来の解析では、確定診断を受けた患者に対する死者の割合を致死率として計算していた。







 これは、ワクチン接種をしていない今回の新型インフルのデーターですから、実際は季節性よりも致死率は下回るということも言えるかもしれません。

 手ごたえとしては、まあそんなところだろうという印象でしたので、驚いてはいませんが、、、

 少し安心ですね!ラッキー

10月中旬には季節性インフルエンザのワクチン接種を開始しますので、こちらを重心においていただく方が、今となっては正解かもしれませんが、、、油断なき対応をお願いしたいと思います。

コメントする