投稿日:2009年8月25日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

 夏休み中の部活動などでインフルエンザの集団感染が発生した公立の小中高校や一部の私立校は24日夜時点で、全国で少なくとも712校に上り、2400人以上の児童・生徒や教職員に感染したか感染の疑いのあることが、読売新聞の全国調査でわかった。






 ほとんどが新型インフルエンザとみられる。多くの学校で新学期の始業式が迫る中、各地の教育委員会は、うがいや手洗いなどの徹底を各校に求めているが、新学期後に集団感染が判明する学校も相次いでおり、今後、集団感染が増える可能性も高まっている。

 調査は47都道府県と18政令市や、その教育委員会を対象に、夏休み中の部活や課外活動などを通じ、インフルエンザに感染したか、感染の疑いがある生徒、教員、家族が確認された学校、人数を集計した。始業式後に判明した感染も含めた。

 都道府県(政令市分を含む)別では、1医療機関当たりの患者数が全国で最も多い沖縄県が私立を合わせると115校と最多で、神奈川県の99校、福岡県の63校、東京都の50校が続いた。感染者数について、沖縄が「報告は上がっていない」と答えたのを始め、青森、東京、静岡、岐阜など多くの自治体が「集団感染」と認識しながら、正確な人数はつかんでおらず、実際の感染者は回答をはるかに上回る可能性がある。

 集団感染が判明しているのは野球、剣道、バレーなどの運動部が目立ち、甲子園での全国高校野球大会では、島根県の私立、立正大淞南が集団感染でベンチ入り選手が18人から13人にまで減る事態になった。

 一方、2学期がスタートしている北海道では19校で170人の新型インフルエンザへの感染や感染の疑いが判明している。

 部活動などを通じた集団感染は夏休みの序盤から報告されており、文部科学省は今月4日、教育委員会などを通じ、発熱などで体調が悪い場合は夏休み中の部活動などに参加しないよう文書で呼びかけていた。

 2学期が始まるとさらに感染が広がる可能性があるため、同省は「感染者が出た場合は保健部局に速やかに相談し、休校などの措置を講じ、感染拡大の防止に努めてほしい」としている。











 6月以降で、報告されたインフルエンザの検体で、97%が新型であったとのこと。残り3%は、はっきりしなかっただけで、ほぼ100%が新型ののでしょう。

 この時期に、これは異常事態です。

上記表で、兵庫県が 0。そんなわけないだろ~と誰もが思うはず!
小生もそう思います。  そんなわけがない。ノーノー

コメントする