投稿日:2009年6月22日|カテゴリ:院長ブログ
 やっと、本格的な雨降りになってまいりました。


山の景色も、うっそうとし、暗い感じ、、、








でも、雨に濡れた木肌や、葉についた雨滴は、嫌いではないですね~














 これを乗り越えると、山の緑は一層濃くなります。


ところで、花粉症の時期が済んだ今頃から、夏の間だけ、いつも咳、痰が出るという方がおられます。

この時期、家屋の中で、カビが殖え、その胞子を吸い込むことで、アレルギー性の気管支炎、肺炎を起こす場合があるのです。

「夏型過敏性肺臓炎」という、あまり聞き慣れない病名ですが、最近実は増えています。 

毎年、梅雨時期になると、特に家の中にいる時間にせき込むという方、要注意ですよ~ムニョムニョ

2 Responses to “梅雨らしく”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、こんばんは。
    今日の記事、私の事だと思います。
    同じ症状(少し軽いですが)が出るときがあります。
    何かいな?と心配になる時がありましたが
    今日の記事を拝読して分りました。
    今のところ悪化する感じがありませんので
    受診はしておりません。
    対策は家の掃除になるのでしょうか。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     基本、掃除ですね~、しかも、なかなか目の行きとどかないような隙間の埃、、、舞い上げないように掃除することでっしょう。

    症状が軽いとはいえ、間質性の変化、つまり肺線維症として痕跡は積み重なるため、将来的には呼吸困難、慢性心不全に進行していくことも危惧されますので、ご注意ください。

コメントする