投稿日:2009年6月15日|カテゴリ:院長ブログ

(読売新聞より)

 新型インフルエンザ(豚インフルエンザ、H1N1型)の一部のウイルスに、人の間で流行しやすくなるとみられる変異が起きていることがわかった。河岡義裕・東京大学医科学研究所教授らのチームが突き止め、英科学誌ネイチャー(電子版)に15日、発表した。

 インフルエンザウイルスの表面には、人間の細胞に取り付く役割を担う「ヘマグルチニン(HA)」というトゲの形をしたたんぱく質がある。研究チームは複数の新型ウイルスを分析した結果、一部のウイルスのHAに変異が生じているのを確認できたという。

 河岡教授によると、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)のHAからも同じ変異が見つかっており、この変異が起きると、ウイルスが人間の細胞にくっつきやすくなる性質を獲得した可能性があるという。









 もっとも最初に起きうる、簡単な変異でしょう。 こうなると、条件さえそろえば、第2波がくる確率はさらに高まったと言えます。 何より怖いのは、高病原化することですが、ワクチンの効果が追い付かないことも想定しておかなければなりません。

 やはり、活動範囲を狭くし、備蓄を今のうちにしっかり整理しておくに限るかと思います。ノーノー

コメントする