投稿日:2009年6月7日|カテゴリ:院長ブログ
 夙川にもウナギがいるんですね~~~


 子供に「夙川でウナギがいた」と教えられ、、、


 それは無いやろ~~っと思いつつ、、、


 ホンマかいな~~~っと思い、「じゃ~、見せてみろ」ってことで、、、


 


 


 夙川の河口付近まで行って、、、





 





 鵜将になって、「早く、見つけてみろ~~~」っと、半信半疑で待っていると、、、、、






 




 獲れる獲れる~~~




 確かにウナギでした!!!たらーっ


 居るんですね~、ウナギがこんなに身近なところに、、、




 早速、水槽をセッティングし、飼うことにしてみました!



 今のところ、体調10cm、幅3㎜です。




6 Responses to “夙川のうなぎ”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。
    鰻ですか。
    いいですね。
    こういうネタが平和で好きです。
    暫くは学術研究用ですね。
    しかしいい加減太ったら食用。
    先生らしい。
    ところで、鰻じゃなくて穴子では?
    ひょっとしたら京都を目指したものの
    淀川と間違えて迷い込んだ鱧という可能性はないですか?

  2. yoshioka より:

    坊っちゃんさん>

     小生も半信半疑でしたが、、、

     胸鰭の形、背びれの位置、顔といい、鱧やアナゴではないですね~

     やはりウナギです!(~_~)

  3. せおいなげ より:

    そのようですね。

    私の知り合いが、環境学習サポートセンターにおりますが、そんなことも言ってたように思います。

    →http://www.nishi.or.jp/contents/00003904000200001.html

    西宮市の水生生物調査などのデータは、心ない人によって荒されることを恐れ公表しないですが、結構いますよ、おなじみの魚たちなどが。

    右の大きいのはドンコですね。

    いがいと大量ですね。

    餌はペレットとクリルでじゅうぶんですね。

    直径3センチくらいの塩ビのパイプを入れておくと、ちょうど良い住処になりますよ~

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     環境学習サポートセンター、すぐ近所にあったんですね~

    心無い人の一員になってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

    ドンコはちゃんとリリースしました。

    ドンコは高知なんかに行くと、ゴリといって、よく佃煮にされて食されるようですね~

  5. せおいなげ より:

    いえいえ~

    先生の事と違いますよ~(笑)

  6. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     サンショウウオなら、持って帰らないようにしま~~~す。(~_~;)

コメントする