投稿日:2009年5月22日|カテゴリ:院長ブログ
(産経ニュースより)

 政府は22日、新型インフルエンザ対策本部(本部長・麻生太郎首相)を首相官邸で開き、感染の発生状況に応じて柔軟に行う新たな国内対策を決めた。患者発生が数例の地域(少数地域)と、患者が急増している地域(急増地域)の2パターンに分類し、急増地域では従来の対策を大幅に緩和した。新型インフルエンザが季節性インフルエンザ程度の「弱毒性」だったことを受けた措置で、地方自治体が実情に即した対応を取ることを重視した。

 「少数地域」では、これまで同様に感染拡大の防止に力点を置く。インフルエンザの症状が見られたら発熱相談センターに電話相談し、発熱外来で受診する。感染者は感染症指定医療機関に入院させ、学校については市区町村や都道府県単位で臨時休校を要請する。

 
 三宮のエスカレーター


 「急増地域」では、国民生活や経済への影響を最小限に抑えるため、糖尿病や心臓の持病など基礎疾患がある患者への感染や重篤化を防ぐことを重視した。症状が出ても一般の医療機関で受診ができる。入院は基礎疾患のある患者を優先させ、軽症患者はできるだけ自宅で療養してもらう。

 学校を休業するかどうかは、自治体や学校法人が個別に判断する。感染が拡大した状況では広範囲に臨時休校の措置を取っても効果は薄いと判断した。学級閉鎖だけの措置も認める。

 2パターンのどれを選ぶかは、都道府県や保健所のある市が厚生労働省と相談して決める。

 政府はこれまで「強毒性」の鳥インフルエンザを想定した行動計画に即した対策を取っていたが、神戸市など感染者が急増している自治体は実情に応じた対策変更を求めていた。

 水際対策も縮小し、事前に通報があった場合だけ機内検疫を実施する。感染者近くの乗客に対する7日間の停留措置も解除した。









 兵庫県としては、この2パターンのうち、「急増地域」にあたり、西宮市でも一般の医療機関で検査・治療が出来るとなったはずですが、、、発熱や咳で受診の方の多くは、他院への問い合わせで断られたと仰っておりました。
過敏になりすぎている医院もまだ多数あるようですが、出来る限り早く発見し、治療を行うことが早く終息させることになるんだと、冷静に判断していただきたいと思います。 
 季節性インフルエンザと同様の扱い、、、となったはずですから、感染者の数、地域の報道もそろそろやめていただきたいと考えます。たらーっ

が、しかし、今回おそらく夏期にかけて一旦終息したとして、秋以降再流行する可能性は十分にあり、その時点で強毒性化していないかが心配です。
今回は、その時のための訓練になったかもしれませんね~

 ワクチンが出来たときは、是非、多くの方が接種することが望ましいでしょう。ノーノー

3 Responses to “【新型インフル】新対策、2分類で対応 急増地域で大幅緩和、水際対策も縮小”

  1. 岸田 より:

    大阪はここまで皆がマスクはしてないですね。
    ヤフオクでもマスクの値段が大変な事に。

  2. yoshioka より:

    岸田さん>

     梅田なんかの映像では、大阪も三宮と変わらないですよ~

    感染者が出ると、会社に、人に影響を与えてしまうとのことで、戦々恐々としています!

    何だかんだと、通常のインフルエンザと同じようには考えられないのが人の心というものなんでしょう。

  3. 岸田 より:

    皆さん過剰に反応してますね。
    テレビでも毒性は弱いと言う
    てたので僕は何も気にしてま
    せんね。

コメントする