投稿日:2009年5月6日|カテゴリ:院長ブログ
(CNNより) 

 新型インフルエンザ(H1N1型)の感染者数は日本時間6日午後3時現在、世界22カ国・地域で1516人に達した。世界保健機関(WHO)が発表した。このうち死者はメキシコで29人、米国で1人となっている。


感染者数が最多なのはメキシコで822人。次いで米国が403人、カナダ165人となっている。


以下、感染者を確認した国はスペイン(57人)、英国(27人)、ドイツ(9人)、ニュージーランド(6人)、イタリア(5人)、フランス(4人)、イスラエル(4人)、韓国(2人)、エルサルバドル(2人)。また、コロンビアとコスタリカ、グアテマラ、アイルランド、オーストリア、デンマーク、オランダ、スイス、ポルトガル、香港の10カ国・地域で各1人となっている。

WHOの統計にはまだ含まれていないが、米国ではテキサス州で米国人初となる死者が出た。米国では4月に、メキシコ人男児が死亡しており、米国内での死者は2人目となる。







 つい2週間前からこの話題に触れだしましたが、ここまで世界規模になるとは想像も出来ませんでした。 それが今や、新インフルエンザとして認定され、来期のワクチンまで、新型ウイルス用のもののみが製造されようとしております。
 人がかかったことのないウイルスなので、ワクチン接種が絶大な効果を出しそうですが、本当に怖いのは、二次的に増悪する基礎疾患なのでしょう。 例えば喘息やCOPDなどの慢性呼吸器疾患などがあれば、命にかかわる急性増悪を招く恐れもあるからです。
 やはり基本に返り、普段からのコントロールが重要なのだと痛感することになるでしょう。

2 Responses to “新型インフルエンザ感染、世界22カ国・地域で1516人”

  1. せおいなげ より:

    メキシコでの死者の死因の詳細がわかりません。

    新型インフルエンザは弱毒性ということから、先生のおっしゃる通りこれが引き金となって、慢性疾患の急性増悪によるものとおもわれますが・・・

    メキシコから発信される情報が少なくありませんか?

    不思議です。

    私の利用しているブログが閉鎖中・・・・

    いつ再開されることやら・・・・・

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     経済的理由、その他で、マスコミ報道の規制はある程度当然でしょうね~

     60歳以上には重篤な症例が少なく、過去の免疫の記憶が残されていることが救いになっている可能性、、、これはもっともです。 ですから、季節性インフルのワクチンも毎回接種することで実際の感染の疑似体験として免疫細胞に記憶させられるわけで、毎年接種していることの効果はいつか功を奏します。

     ところで、ブログ、、、甚大なトラブルとのことでしたが、、、どうなるんでしょうね~

コメントする