投稿日:2009年5月1日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)

 豚インフルエンザから変異した新型インフルエンザの世界的拡大を受け、ワクチン製造用のウイルス株を培養している米疾病対策センター(CDC)が大手製薬企業に対し、10日にウイルス株を渡せると連絡していたことが分かった。世界保健機関(WHO)が警戒度を「世界的大流行(パンデミック)直前」の兆候を示す「5」に引き上げる中、ワクチン開発が本格的に始まることになる。

 世界の大手製薬企業で作る国際製薬団体連合会(IFPMA)によると、各社はウイルス株を受け取り次第、本格的な開発作業に取り組めるよう準備を急いでいる。世界の製薬企業でワクチン生産能力を持つのは20社前後。うちIFPMAに加盟する16社が、パンデミックワクチン開発でWHOと協力している。参加企業の生産能力は、世界のワクチン生産の9割以上をカバーするという。

 IFPMAは2月発表の調査で、パンデミックワクチンについて「各社が生産設備をフル稼働させれば、ウイルス株受け取りから12カ月以内に25億人分を生産できる」と予測している。ただ、クラウセ良子・ワクチン部長によると、実際に開発に着手してみないと分からないことも多く、開発スケジュールは流動的という。

 また、人類が免疫を持っていない新型ウイルスであるため、1人に2回接種しなければならない可能性も高く、そうなればワクチンの供給不足はさらに深刻になる。

 WHOは、季節性インフルエンザ用ワクチンの生産を継続するよう求めている。しかし、季節性用とパンデミック用のワクチンを同一工場で並行生産することは技術的に不可能だ。日本にはワクチン生産能力を持つ企業が4社あるが、すべて工場を一つずつしか持っておらず、どちらのワクチンを生産するか難しい選択を迫られることになるという。








 先日、桝添さんが、日本は、季節性インフルワクチンのラインを、すべて新型インフルAのワクチンに切り替えると発表しておられましたが、、、今回のウイルスに対しては、人間は全く免疫を持っていないことから、同程度の弱毒性であるのなら、感染力の強い新型でワクチンを作ることは当然の選択と言えるでしょう! 
 普通の季節性インフルも、若年者、老人には脅威ではありますが、まだ過去の免疫を呼び起こすことが出来る可能性もありますから、パンデミックにはなりえないと思われます!ノーノー

2 Responses to “<新型インフル>ウイルス株、10日にCDCから製薬企業に”

  1. せおいなげ より:

    ブタインフルにもやっと名前がつきましたね~

    なるほど~

    今回の場合、対応としては、ウイルスの毒性より感染力の強さが問題なのですね。

    備蓄は、入れ替えから増強へ移行中です。

    コープより乾パンを購入しました。

    備蓄!

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     さすが、備蓄大王!!

     季節性インフルでもワクチンを打っていなければ、感染したとき、大概しんどいでしょ~、

     免疫がないから、あれと同じくらいのしんどさを皆が味わうことになるということなんです! しかも、ワクチンを打ってないから、免疫応答が強い人ほど症状も強く出てしまうんですよ~

     だから、普段元気な人ほどしんどくなるんです。

コメントする